1. HOME >
  2. 上京 >

角兵衛

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・角兵衛かくべえです。

スポンサード・リンク

 

 

今日の絵は、鳥追と呼ばれる女太夫おんなだゆうと、角兵衛獅子かくべえじしの舞踊です。

 

 

主役は、角兵衛と鳥追の女太夫です。

スポンサード・リンク

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
角兵衛
(かくべえ)

スポンサード・リンク
女太夫と角兵衛

女太夫と角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

常磐津・長唄。

●文政11年、江戸中村座初演。

●作詞:二世瀬川如皐

●作曲:三世岸沢式佐・十世杵屋六左衛門

●本名題:后の月酒宴島台のちのつき しゅえんのしまだい

 

 

角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

江戸時代、正月の街頭の風俗舞踊。

 

 

 

田舎から出てきた角兵衛獅子かくべえじしと、江戸育ちのいわゆる小股の切れ上がった粋な鳥追とりおいという男女の踊り。

スポンサード・リンク

 

田舎から出てきた角兵衛獅子

田舎から出てきた角兵衛獅子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

花道に獅子頭をかぶり太鼓を胴につけた角兵衛と、三味線を抱えた鳥追の二人が登場する。

スポンサード・リンク
角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

鳥追の女太夫

鳥追の女太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

お互いが顔見知りで、道で偶然行き会う。

 

角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

女太夫

女太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、本舞台に移り、角兵衛は獅子舞の振りで舞い始め、互いに二人が代わる代わる身の上話をし合う。

スポンサード・リンク

 

身の顔見知りの二人は上話をしながら踊り合う

顔見知りの二人は
身の上話をしながら踊り合う

(※クリックすると画像が拡大します)

 

やがて、団扇太鼓(うちわだいこ)を持って、越後七不思議を詠み込まれた節で踊る題目踊りで盛り上げ、幕切れとなる。

スポンサード・リンク

 

角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

女太夫は、青・水色・ピンク・赤の線が入った着物を着ています。襟元は黒です。

スポンサード・リンク

右側の袖は赤い着物に変わっています。

 

帯は藍色です。

スポンサード・リンク

 

女太夫

女太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

角兵衛は、角兵衛獅子の衣装に扮しています。

スポンサード・リンク

 

上が水色の着物、下はオレンジ色に金色の絣(かすり)模様の入った袴姿です。

 

頭に小さな獅子頭をかぶり、胸には小さな赤い腹当をつけています。

スポンサード・リンク

そして、小さな太鼓を肩から提げています。

 

角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今回の表現ポイント

背景は、真後ろに川があり、向こう側には石垣が見えています。

 

 

そして江戸の街中で、二人が踊り合うという内容なので、東京タワーを描きました。

スポンサード・リンク

 

 

実は、この東京タワー、少し角度が曲がっているんです(笑)(笑)

 

女太夫角兵衛が踊っているところへ、東京タワーも一緒に踊っているところを表現しました。

スポンサード・リンク

 

曲がっている方が、東京タワーも一緒に踊っているように見えて良いので、このように表現しました。

 

 

そして、ピンク色の空に大きな星が輝いています。

スポンサード・リンク

 

さらに、空を覆うように、ピンク色の唐草模様を描きました。

 

角兵衛

角兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・角兵衛を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ