1. HOME >
  2. ナイショ >

堀川波の鼓

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・堀川波の鼓ほりかわ なみのつづみです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、女性が不倫を犯してしまう内容の話です。

主役は彦九郎ひこくろうと妻のお種おたねです。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎狂言
堀川波の鼓
(ほりかわなみのつづみ)

スポンサード・リンク
彦九郎とお種

彦九郎とお種

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●初演:1711年(正徳1)正月以前に大坂・竹本座

●作:近松門左衛門

鳥取藩士が妻敵を討った事件を脚色したもので、能松風をモチーフとして書かれた。

スポンサード・リンク

『大経師昔暦』『鑓の権三重帷子』とともに、近松三大姦通物の一つ。初演以来、再演の記録がなかったが、1964年に復活公演が行われた。

 

◇◇◇

スポンサード・リンク

鳥取藩士・小倉彦九郎おぐらひこくろうお種おたねは幼なじみで、恋しあって結婚した。

二人は恋愛結婚

二人は恋愛結婚

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人は恋愛結婚

二人は恋愛結婚

(※クリックすると画像が拡大します)

 

しかし小身者の夫は隔年の江戸詰。

スポンサード・リンク

 

その留守中、夫を恋偲び、寂しい日を送っているお種は、ある日、横恋慕している夫の同僚・磯部床右衛門(いそべとこえもん)に迫られるが、心にもなく逢引きを約束してその場を逃れた。

夫の同僚と逢引きの約束をしてしまう

夫の同僚と逢引きの約束をしてしまう

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

ところがそれを、養子・文六の鼓の師匠・宮地源右衛門(みやじげんえもん)に聞かれ、口止めに勧められた酒に自らも酔ったお種は、無意識のうちに源右衛門と不義を犯してしまう。

お種は源右衛門と不倫をしてしまう

お種は源右衛門と不倫をしてしまう

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

様子を怪しんで忍んでいた床右衛門は不義密通の証拠と、二人の片袖を持ち去ってしまう。

 

お種は夫に一目会ってから身の始末をつけようと思い、日一日と命永らえている。

スポンサード・リンク

 

やがて夫の彦九郎は帰国。

彦九郎

彦九郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

床右衛門によって不義の噂は家中に広まっていた。

 

お種の妹・お藤は姉の命助けたさに、何も知らぬ彦九郎に恋を仕掛け、お種を離縁させようとするが失敗。

スポンサード・リンク

ついに妹・ゆらの口から一件を聞き、証拠の袖を突きつけられては彦九郎、信じざるを得ない。

彦九郎に全てを打ち明ける

彦九郎に全てを打ち明ける

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

すでに陰腹切ったお種に持仏堂でやるせないとどめを刺す。

お種は切腹する

お種は切腹する

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そして何故尼にさせて命乞いしなかったと、男泣きに泣く。

男泣きする彦九郎

男泣きする彦九郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

彦九郎は、文六お藤ゆらと京へ上る。

 

祇園会のお囃子で賑わう中、堀川下立売の源右衛門の屋敷に斬り込み、みごと妻敵討(めがたきうち) の本懐を遂げることができた。

スポンサード・リンク

 

封建社会の参勤交代が下級武士の家庭にもたらす悲劇で、お種の性格描写に近松らしい特色がある。

初演後は絶えていたが、近代以降、作品の再評価に伴い、歌舞伎での上演も多くなり、新脚色や映画化もされるようになった。

スポンサード・リンク
堀川波の鼓

堀川波の鼓

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

彦九郎はグレー一色の着物です。

スポンサード・リンク

帯は、青色に金色の模様が施されています。

彦九郎

彦九郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

●一方、お種は紺色の着物を身にまとっています。

着物には、銀色の花が細かくデザインされています。中はピンク色の着物です。

スポンサード・リンク

 

そして帯は、薄黄色に緑色の菱形模様がデザインされています。

お種

お種

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

●そして背景は、ロングヘアの女性が振り返ってナイショのポーズをとっています。

この女性は、現代風に表現したお種です。

スポンサード・リンク

お種が、不倫をしてしまった時の心情を現しました。

背景は現代風に表現したお種

背景は現代風に表現したお種

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

さらに、バラがたくさん咲いていますがトゲがあります。

これはイバラです。

スポンサード・リンク

お種が不倫をしてしまった代償を、イバラで表現しました。

堀川波の鼓

堀川波の鼓

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今回のイラストは、茨の部分に一番時間が掛かりました。

特に、棘の部分がきちんと見えるように気を配りました☺️

スポンサード・リンク

 

今回は、歌舞伎狂言・堀川波の鼓を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ