1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

半田稲荷

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・半田稲荷はんだいなりです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、東京都・葛飾区にある、半田稲荷神社の舞踊です。

 

この舞踊の主役は、願人坊主がんにんぼうずという、全身が赤一色の衣装の坊主です。

スポンサード・リンク

今回は、この願人坊主を、願人坊主を演じる少女という設定で描きました。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

スポンサード・リンク

 

演目名

歌舞伎舞踊
半田稲荷
(はんだいなり)

願人坊主を踊る少女と稲荷明神

願人坊主を踊る少女と稲荷明神

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

あらすじ

●長唄。

●初演:文化10年、江戸中村座

●作詞:二世瀬川如皐

●作曲:初世杵屋勝五郎

●十二ヶ月舞踊四季詠寄三大字しきのながめ よせてみつだいの一つ。

半田稲荷

半田稲荷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

葛西金町の半田稲荷へ代参する願人坊主がんにんぼうずを描写した風俗舞踊。

スポンサード・リンク

 

賑やかな小品曲で、願人坊主は男性役で踊る事が多いが、女性の場合には、肩肌脱ぎにして、上品に見せる工夫が施される。

願人坊主を演じる少女

願人坊主を演じる少女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

昔は願人坊主がんにんぼうずといって、神社仏閣の代参や、祈願などをする乞食坊主がいた。

 

面白おかしい芸を見せて、お札や薬などを売り歩き、物乞い無用の札も、おかまいなしにずけずけと入って行く。

スポンサード・リンク
願人坊主は様々な品物を売り歩く

願人坊主は様々な品物を売り歩く

(※クリックすると画像が拡大します)

 

いろんな願人坊主が江戸の街にはうようよいて、けっこう庶民には人気があったようだ。

スポンサード・リンク

 

 

半田稲荷神社は葛西金町(現在の東京都・葛飾区)にある神社で、子供の疱瘡(ほうそう)や麻疹(ましん)などに御利益があるいわれている。

少女と半田稲荷明神

少女と半田稲荷明神

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

願人坊主が花道より登場し、稲荷神社の名づくしで昨晩の色模様をのろける。

踊る少女

踊る少女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

願人坊主の出で立ちは、疱瘡除けのまじいで、頭巾から足袋まで全身真っ赤。そして半田稲荷と書いた赤の幟を持ち、

 

「疱瘡も軽い、麻疹も軽い、信じなされ葛西金町、半田稲荷」と囃しながら踊り歩く。

スポンサード・リンク
囃しながら踊り歩く

囃しながら踊り歩く

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、ほろ酔い気分の手踊り、次に縫いぐるみの猿を持ち出して、子守の踊りになる。

スポンサード・リンク

 

様々な踊りを披露する

様々な踊りを披露する

(※クリックすると画像が拡大します)

 

江戸中、上下を問わず、長屋のすみずみにまでお稲荷さんがあったようで、半田稲荷願人坊主はあちこちで引っぱりだこだったといわれている。

スポンサード・リンク
半田稲荷

半田稲荷

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

願人坊主役の少女は、今風に描きました。

スポンサード・リンク

少女の衣装は、赤一色なんですが、片方はピンク色の着物に変わっています。

 

女性なので、衣装に銀色の模様を入れました。

スポンサード・リンク

 

そして、少女が頭に巻いているのは、鉢巻きです。鉢巻きはリボンのように長く描きました。

 

そして、狐のお面を付けています。

スポンサード・リンク
踊る少女

踊る少女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

少女の周りには、半田稲荷の遣いの白狐少女になついています。

スポンサード・リンク

 

少女と白狐

少女と白狐

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●背景は、下が水色の亀甲模様になっています。

スポンサード・リンク

そして、狐のお面を持った若い女性がいます。この女性は、半田稲荷神社の御祭神です。

 

倉稲魂神うかのみたまのかみという神様です。

スポンサード・リンク

倉稲魂神は、現代風の若い女性で表現しました。金銀の飾りが付いた冠を頭に載せ、真ん中にを載せています。

右手には、狐のお面を持っています。

スポンサード・リンク
稲荷明神

稲荷明神

(※クリックすると画像が拡大します)

 

さらに、御祭神の背後には、藍色と紫色の背景にが舞っています。

スポンサード・リンク

 

半田稲荷

半田稲荷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

全体を若い女性をイメージして描きました。

スポンサード・リンク

 

今回は、歌舞伎舞踊・半田稲荷を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ