1. HOME >
  2. キリスト教 >

切支丹寺異聞

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、システィーナ歌舞伎・切支丹寺異聞きりしたんでら いぶん伽羅紗ガラシャです。

 

今日の絵は、細川ガラシャという女性の物語です。

 

徳島県の大塚国際美術館のシスティーナ・ホールで演じられた新作歌舞伎です。

 

主役は、細川ガラシャです。

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

システィーナ歌舞伎
切支丹寺異聞
(きりしたんでら いぶん)

伽羅紗
(ガラシャ)

細川ガラシャ

細川ガラシャ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

 

原案・梅若六郎、作・山本東次朗による新作能を、システィーナ歌舞伎のために歌舞伎に移した新作舞踊。

 

 

戦国時代、キリシタンとして波瀾万丈の生涯を生きた女性、細川ガラシャが、時代に翻弄されながらも、命がけで信仰と家族愛を貫いた姿を描き出した新作歌舞伎である。

ガラシャ

ガラシャ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

◇◇◇

明智光秀の娘・玉子(後の細川ガラシャは、織田信長の命により、細川忠興ほそかわただおきのもとに嫁ぐことになる。

 

当時としては珍しくない政略結婚であったが、夫・忠興は玉子を心から愛し、夫の愛を一身に受けた玉子もまた幸せであった。

玉子(後の細川ガラシャ)

玉子(後の細川ガラシャ)

(※クリックすると画像が拡大します)

 

しかし、父、光秀が本能寺で主君信長を討ったことで、玉子を取り巻く環境は激変する。

 

光秀は半月で秀吉の軍勢に攻め落とされ、落ち武者狩りの農民らに追われて落命の憂き目に…。

 

 

 

一方、天下人となった秀吉の目を逃れるため、忠興はいちはやく玉子に丹後の山奥に身を隠すよう指示。

 

玉子はその地で敬虔なキリシタンと出会い、神の教えに触れる。

礼拝堂で祈る玉子

礼拝堂で祈る玉子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ひたすらに神を信じるという、その教えは玉子の胸に深く響く。

 

 

玉子ガラシャと名を変え、心のよりどころをキリスト教への信仰に求めるが、忠興の理解は得られなかった。

 

 

そんな折、石田三成(いしだみつなり)に西方の人質を迫られ、天主を信じる者に魂の死は無いとガラシャは自ら死を選ぶ。

 

ガラシャは自ら命を絶つ

ガラシャは自ら命を絶つ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

忠興は堺の切支丹寺で、ガラシャの追悼を執り行う。

 

 

忠興ガラシャの死を悼み、信仰を許さなかったことを悔いていると、ガラシャの霊が現れる。

 

忠興の前に現れたガラシャ

忠興の前に現れたガラシャ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ガラシャは、生きていることの辛さと苦しさから解放され、死によって獲得した「永遠」の命を喜び、静に天に昇っていく。

 

天に昇っていくガラシャ

天に昇っていくガラシャ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

長唄と囃子という日本音楽と聖歌(鳴門教育大学合唱団)や教会音楽が加わり、荘厳な雰囲気を醸し出す。

 

 

システィーナ・ホールの空間にふさわしい演目である。

 

切支丹寺異聞

切支丹寺異聞

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

細川ガラシャの衣装は、金色に赤い格子模様がデザインされた打掛を羽織っています。ところどころに薄紫色にっており、青と緑の紅葉が描かれています。

そして、中は水色の打掛を着ています。金銀の花の模様や波模様が描かれています。

 

帯は、黒に金色の花が描かれています。

 

 

そしてガラシャの髪型は、黒髪にはストレートです。耳を出しています。

 

細川ガラシャ

細川ガラシャ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

●背景は、細川ガラシャキリスト教の信仰に命を掛けたということで、教会の中にある、礼拝堂です。

 

 

真ん中に十字架、両サイドにはステンドグラスが配置されています。ステンドグラスは、青・水色・ピンク・紫の色で統一されています。

 

礼拝堂の壁の壁には唐草模様が描かれています。

 

さらに、舞台の前から背景にかけて、白いユリの花が咲き乱れています。

 

切支丹寺異聞

切支丹寺異聞

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

キリスト教の信仰に命を懸けた細川ガラシャが、教会の礼拝堂で祈るところを表現しました。

 

 

今回は、システィーナ歌舞伎・切支丹寺異聞』~伽羅紗を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ