歌舞伎絵

高尾ざんげ

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

高尾ざんげ

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・高尾ざんげたかおざんげです。

 

 

 

今日の絵は、高尾太夫たかおだゆうという女性の亡霊が主役です。

 

高尾太夫とは、昔の有名な花魁の名前です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
高尾ざんげ
(たかおざんげ)

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄。

●延享元年、江戸市村座初演

●作詞:不詳

●作曲:杵屋新右衛門

●本名題:七種若柳曽我ななしゅ わかやぎそが。三立目高尾ざんげの段

 

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

正月の定番は曽我もの。二人の時の女性を曽我兄弟の話しに絡めたものである。

 

 

 

伊達の殿様に殺されてしまう高尾太夫と1683年に放火の罪で死刑になってしまった八百屋お七である。

 

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

(※クリックすると画像が拡大します)

※タイトルをクリックすると記事へ飛びます

 

 

高尾というのは吉原の筆頭の花魁の名前。実に十一人の花魁がその名前を継いでいった。

 

特に、二代目の高尾が有名である。

 

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

伊達藩主だてはんしゅに見初められ、身請け話しが出たが、殿様の意の沿わぬ態度をとり、船の上で惨殺された花魁である。

 

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

一方、放火をして、櫓の太鼓を叩いたお七は人々に追われる。

 

(※クリックすると画像が拡大します)

※タイトルをクリックすると記事へ飛びます

 

 

お七は、吉原堤の高尾太夫の塚の前で倒れ気を失う。死んだ高尾太夫を回向したのが道哲和尚である。

 

 

 

その道哲お七を介抱しようとすると、高尾太夫の亡霊が現れ、生前の辛く悲しい境遇を語る。

 

高尾太夫の亡霊

高尾太夫の亡霊

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

そして、地獄の使いに迎えられ、恐ろしい世界を味わうところ、籠鳥の合方に笛という渋い曲調で綴られた難曲である。

 

 

高尾ざんげ

高尾ざんげ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である高尾太夫は、花魁の亡霊なので、衣装は白い花魁風の着物です。

オレンジ色と緑色の紅葉の模様も入っています。

 

 

青色の前帯には、銀色の刺繍が施されています。

 

 

頭には鼈甲櫛べっこうぐしをさしています。

 

 

 

そして、高尾太夫の背後には、水色の打掛が流れています。

 

水色の打掛には、川・桜・松の絵柄が描かれています。

 

この打掛は斜めに広がっています。

 

高尾太夫

高尾太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、赤一色で統一しました。

 

 

赤色の背景には、雪がパラパラ降り、満月が出ています。月の周りには、薄紫色の雲が流れています。

 

 

左側にあるものは、柳の木の枝です。柳の枝は金色で描きました。

 

 

 

さらに、孔雀の顔が見えています。
これは、高尾太夫の怨念を孔雀で表現しました。

 

 

亡くなった高尾太夫が、孔雀となり、月を眺めているところをイメージして描きました。

 

 

 

高尾ざんげ

高尾ざんげ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

高尾太夫の霊を、恐ろしい霊で描かず、綺麗な一人の花魁の姿として表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・高尾ざんげを紹介しました😊

 

 

 

こちらの花魁の記事も人気です😊✨

 

籠釣瓶花街酔醒

籠釣瓶花街酔醒

この記事を読む

 

 

 

奴凧廓春風

奴凧廓春風

この記事を読む

 

 

 

傾城雪吉原

傾城雪吉原

この記事を読む

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ