1. HOME >
  2. LINE >

雁金

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・雁金かりがねです。

 

 

 

今日の絵は、お照おてるという女性が夫である、あきらとの出会いを思い出し、懐かしむという舞踊です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
雁金
(かりがね)

お照

お照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

清元。

●明治14年、東京新富座初演。

●作詞:河竹黙阿弥

●作曲:二世清元梅吉

●本名題:色増木色夕映いろまさる もみじのゆうばえ

 

八世岩井半四郎が初演。

 

 

 

望月輝あきら弁天お照おてるの色模様をうたった曲で、夏から秋への風物を叙情的に綴っている。

 

 

主要人物全員が盗賊という島鵆月白浪しまちどり つきのしらなみ

 

 

雁金

雁金

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

悪漢から救ってくれた望月輝の妻となったお照が、輝との馴れ初めの思い出を語る場面なので、本来は途中のセリフの後、

 

〽️まだ其時はー」

からお照、二人のクドキになった。

 

 

 

だが舞踊として独立しての上演では、筋に関係なく、晩秋の庭で物思いにふける権妻(妾)の風情本位でみせている。

 

 

お照

お照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

舞台は秋草の茂る庭先。

虫の音で幕が開くと、粋な立姿のお照

 

 

 

 

〽️雁金をー」

と本調子で出て、

 

〽️我身一つに」

から三下りになり、述懐から夏の思い出を情緒的に唄ったクドキになる。

 

 

 

 

お照が強姦されそうになった白河(福島県)で、お照を助けた。

 

お照は輝に助けられる

お照は輝に助けられる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

その夜、旅の宿で二人は結ばれる。

 

 

その夜の思い出を、二人で語り合うところが、途中、「空ほの暗き」という小唄として独立している。

 

 

ここには、歌沢の節が盛り込まれている。

 

 

昔を思い出すお照

昔を思い出すお照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして、との妻となったお照が、との馴れそめの思い出を語る。

 

 

思い出を語るお照

思い出を語るお照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

お照は、晩秋の庭で物思いにふける。

 

 

 

そして、

〽️草の主」

からチラシになって幕となる。

 

 

お照

お照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

元々は踊り地ではなかったが、現在では女性向けのポピュラーな舞踊曲になっている。

 

 

姿態の美しさを堪能したい作品である。

 

 

雁金

雁金

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である、お照の衣装は、赤に金色の線が入った打掛です。緑の葉の模様もデザインされています。

 

帯は金色です。

 

 

そして頭には鼈甲櫛べっこうくしをさし、手には団扇うちわを持っています。

 

 

の妻となったお照は、恋人時代の二人の思い出に浸っています。

 

お照

お照

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景色は水色です。

今回は、秋が舞台の演目なので、背景にはコスモスが咲き乱れています。

 

 

このコスモスが、左下から反時計回りに金色の3本ラインと共に流れるように咲いています。

 

 

 

 

そして上には、ピンク色の楕円形が見えています。

 

楕円形の中には、お照が手を合わせているところを描きました。

 

 

これは、二人が結ばれたというところを表現ています。

 

 

 

 

そして左側には、若い頃の二人が仲良く景色を眺めているところを、影のシルエットで表現しました。

 

 

 

さらに、スマートフォンの姿も見えています。

 

これは、恋人同士になった、お照の恋のやり取りを、スマホのLINEで表現しました。

 

 

スマートフォンの中には、二人がLINEで会話しているのが分かります☺

 

雁金

雁金

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

一人の女性が、夫との出逢いを振り返るところを、現代の若者に照らし合わせ、スマートフォンのLINEを前面に出しました。

 

 

そして、お照との恋人同士の思い出を、一枚の紙に盛り込みました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・雁金を紹介しました😊

 

 

 

●こちらの恋愛の作品もオススメです

 

 

津山の月
(つやまのつき)

津山の月

この作品の記事を読む

 

 

 

夕立
(ゆうだち)

夕立

この作品の記事を読む

 

 

 

是非ご覧になってくださいね☺

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ