入学式 創作歌舞伎絵 嫁入り 歌舞伎絵 母娘 母子 結婚

道行旅路の嫁入

  1. HOME >
  2. 入学式 >

道行旅路の嫁入

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・道行旅路の嫁入みちゆき たびじのよめいりです。

 

 

今日の絵は、嫁入りする娘と母親の物語です。

 

主役は、娘の小浪こなみと母親の戸無瀬となせです。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
道行旅路の嫁入
(みちゆき たびじのよめいり)

小浪と戸無瀬 上に幼少の小浪と母の戸無瀬

小浪と戸無瀬
上に幼少の小浪と母の戸無瀬

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

 

常磐津。

●文政5年、江戸中村座初演。

●作詞:二世桜田治助

●作曲:岸沢右和佐

仮名手本忠臣蔵かなでほん ちゅうしんぐら八段目。

 

二段目のあと、本蔵の後妻戸無瀬は、娘小浪を伴って許婚の大星力弥に娶合すべく東海道を上る。

 

その道中を描写したのが八段目で、本来は義太夫。

 

 

今日でも文楽や歌舞伎で、本行通りに演じるやり方を見せることも多い。

 

二人だけの踊りは淋しいということで、歌舞伎的に着色したのが本曲である。

 

道行旅路の嫁入

道行旅路の嫁入

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

常磐津だと、上の巻が母子の他に奴・関助が加わっての、滑稽ぶり、そして小浪のクドキ。

 

下と巻が酔った奴の可内女馬子のおろくの田舎ぶしが入るように、変化づけている。通常は上の巻だけのことが多い。

 

 

 

◇◇◇

桃井若狭助(もものいわかさのすけ)の家老・加古川本蔵(かこがわほんぞう)の娘・小浪こなみ

 

塩谷判官(えんやはんがん)の国家老・大星由良助(おおぼしゆらのすけ)の息子・力弥(りきや)は許婚であった。

 

小浪

小浪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

判官が御殿の中で高師直(こうのもろのう)に刃傷に及んだ時、本蔵が抱きとめたことから、判官は本望を遂げられなかった。

 

塩冶の家がお取り潰しになったことにより、その婚儀も本来流れるはずであった。

 

小浪

小浪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

それ以来、加古川家と大星家は疎遠となっていた。

 

 

 

すると、大星一家が京・山科でひっそりと暮らしていることがわかる。

 

小浪と戸無瀬

小浪と戸無瀬

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

力弥と添い遂げられないことを悲しむ娘を見て、本蔵の後妻・戸無瀬となせは娘・小浪を嫁入りさせようと、供も連れづに母娘ふたりで旅立つ。

 

母・戸無瀬

母・戸無瀬

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

小浪

小浪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

旅立つ二人

旅立つ二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

街道を通る行列と比べ、乗物もない寂しい道中。

 

静かな道中を歩く二人

静かな道中を歩く二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

だが、京が近づくにつれ、許婚に会えるうれしさに心浮き立ち、母娘は由良助たちのいる京都・山科をさして急ぐ。

 

 

七里の渡しを舟で渡り、庄野・亀山・鈴鹿を越えて、秋の深まりと共にやがて二人の長旅も終盤にさしかかっていく。

 

道行旅路の嫁入

道行旅路の嫁入

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

 

小浪の衣装は、ピンク色の着物です。ピンク色の着物には、赤い花が全体に描かれています。

 

小浪の頭には、角隠しを被っています。

 

小浪

小浪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

●一方、戸無瀬は青一色の着物を身にまとっています。襟元は黒です。

 

戸無瀬が持っている棒は、杖です。

 

母・戸無瀬

母・戸無瀬

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして、二人が手にしているのは、菅笠(すげがさ)です。

 

今回の表現ポイント

 

●背景は、下の川や土手は歌舞伎のセットと同じです。

 

そして上半分は、満開の桜の下で、母娘が小学校の入学式に来ています。

 

 

これは、娘の小浪が嫁入りまでの道中に、幼い頃の母親との楽しかった思い出を、振り返っているところをイメージして描きました。

 

ちょうど入学式の看板の前で、二人が記念撮影をしているところです。

 

赤いランドセルを背負った小浪が、小学校の入学式に、母親と出席している場面を懐かしむところを表現しました。

 

道行旅路の嫁入

道行旅路の嫁入

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

嫁入りする娘が母と共に、嫁ぐ家までの道中を、懐かしい思い出がどんどん甦ってくるところを描きました。

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・道行旅路の嫁入を紹介しました😊

 

 

コチラもオススメ

●親子がテーマの作品✨

 

 

恋女房染分手綱
(こいにょうぼう そめわけたづな)

恋女房染分手綱

この作品の記事を読む

 

 

孤高勇士嬢景清
(ここうのゆうし むすめかげきよ)

孤高勇士嬢景清

この作品の記事を読む

 

 

ぜひご覧になってくださいね😊✨

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    大江山酒呑童子

    2024/6/26

    大江山酒呑童子

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    大和団子

    2024/3/14

    大和団子

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    うかれ坊主

    2023/8/28

    うかれ坊主

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    舞鶴雪月花

    2023/8/4

    舞鶴雪月花

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    流星

    2023/7/7

    流星

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む



    © 2024 絵師・hidemasaのホームページ