歌舞伎絵

葵の上

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

葵の上

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『葵の上』(あおいのうえ)です。

 

 

 

今日の絵は、源氏物語のお話の一つです。

 

 

 

主役が六条御息所(ろくじょう みやすどころ)という名前の女性です。

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
葵の上
(あおいのうえ)

 

葵の上

六条御息所と生霊

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

賀茂祭(葵祭)の加茂川での斎院御禊見物の折に六条御息所(ろくじょう みやすどころ)は、悪阻中の葵の上の牛車と鉢合わせし、場所争いで葵の上方の下人に恥辱的な仕打ちを受けた。

 

 

六条御息所

六条御息所

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

これが発端で、御息所は生霊となって妊娠中の葵の上を悩ませるが、それを源氏に目撃される。

 

 

御息所の生霊

御息所の生霊

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

御息所が、己の髪や衣服から芥子(悪霊を退けるための加持に用いる香)の匂いがするのを知って、さては我が身が生霊となって葵の上に仇をなしたか、と悟りおののく。

 

 

 

生霊を飛ばす御息所

生霊を飛ばす御息所

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

その後葵の上は、夕霧を無事出産するも急死、源氏の愛を完全に失ったと察した御息所は、彼との関係を断ち切るため斎宮になった娘に付き添い野宮に入る。

 

 

 

6年後、帝が変わり斎宮の任期が終わると、京に戻り出家、見舞いに訪れた源氏に娘に手をつけぬよう釘を刺しつつ、将来を託して病没。

 

 

 

御息所

御息所

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

源氏は斎宮に興味を持ちつつも御息所の遺言を守り、斎宮を養女として冷泉帝に入内させ後見した。

 

 

 

源氏が後に住まいとする六条院は、御息所の旧邸を含んで大きく拡充したものである。

 

 

 

その中の秋の町が旧邸に当たり、娘の秋好中宮の里邸となった。

 

 

 

御息所は、死後も紫の上女三宮などにとりつき、源氏に恨み言を言いに出現した。

 

 

御息所

源氏の前に現れる御息所

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

娘の中宮もその噂を聞き、母がいまだ成仏していないことを悲しんで、御息所のために追善供養を行った。

 

 

歌舞伎舞踊・葵の上

歌舞伎舞踊・葵の上

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

 

主役である、御息所(みやすどころ)の衣装は、オレンジ色の十二単姿です。

 

 

 

十二単には、ピンク色の丸い家紋が描かれています。

 

 

そして、襟元と袖が青緑色にデザインされています。

 

この襟元と袖の部分には、菱形の模様が細かく描かれています。

 

 

葵の上

六条御息所

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

御息所は、ちょうど座っているところです。

 

黒髪を垂らし、どこかを見つめています。その表情は、葵の上を恨み、憎しみの顔となっています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、ピンク色の葵の花がたくさん咲いています。

 

 

 

そして、御息所の背後に鬼がいるんですが、実はこれは御息所の生霊なんです(笑)

 

怖いですよね(笑)

 

 

 

御息所の背中から、鬼の形相となった御息所の生霊が現れ、葵の上の元へ復讐をするところです。

 

 

 

 

この生霊は、をヒントに表現して描きました。

 

 

 

生霊の顔は、鬼の顔です。

白い般若はんにゃ)の顔となっています。

 

 

衣装は、上が白地に金色の鹿の子かのこ)模様、下は赤い袴姿です。

 

 

右手に杖を持っています。

 

葵の上

葵の上

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして生霊の周りからは、赤い炎がメラメラと燃えたぎっています。

 

 

 

今回は、御息所が自分の生霊を飛ばす場面を表現しました。

 

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『葵の上』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ