歌舞伎絵

聞得大君誕生

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

聞得大君誕生

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『聞得大君誕生ちふぃじん たんじょうです。

 

 

 

今日は、名前の読みが難しいです(笑)

 

今日の絵は、沖縄が舞台です。主役は音智殿茂金うとぅちとぅぬむぃがにという女性です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
聞得大君誕生
(ちふぃじん たんじょう)

音智殿茂金と伊敷 後ろに兄の尚真王

音智殿茂金と伊敷
後ろに兄の尚真王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

当代・坂東玉三郎が演じた新作舞踊。

沖縄在住の芥川賞作家、大城立裕の書き下ろした作品。

 

 

2013年(平成25年)3月、国立劇場 3月琉球芸能公演で演じられた。

 

 

 

 

舞台は、琉球王朝の最盛期の国王とされる尚真王(1465年~1527年)の時代。

 

 

 

尚真王は、王朝の支配基盤を固めるために集権体制を目指し、宮古や八重山の島々を領内に組み入れたり、

 

国王に臣従しながらも国内各地で独自の影響力を維持していた按司あじと呼ばれる地方豪族の勢力を抑えるため、按司の家族を王城のある首里に移住させたりした。

 

尚真王

尚真王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

また、民衆の生活に深く浸透していた宗教についても、村の公的な祭祀を取り仕切っていた神女ノロたちを統制するため、

 

あらたに聞得大君ちふぃじん(※きこえおおぎみとも読む)という最高神女の役職を設け、これを頂点とする国家的な神女組織を作り上げた。

 

 

音智殿茂金

音智殿茂金

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

沖縄には、古くから妹が兄を霊的に守護するというおなり信仰(※おなりは妹のこと)があり、『聞得大君』の初代には、尚真王の妹である音智殿茂金うとぅちとぅぬむぃがにが任命された。

 

 

 

本作はこの史実をモチーフとして作劇されている。

 

 

聞得大君誕生

聞得大君誕生

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

音智殿茂金うとぅちとぅぬむぃがには、琉球国王・尚真しょうしんの妹という高い身分でありながら、乗馬が得意な活発な女性であった。

 

 

音智殿茂金

音智殿茂金

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

首里の街路を馬を駆って走っていたとき、武器輸送の行列に出会い、ものものしい様子に驚いた愛馬から落ちてしまう。

 

 

 

北方の今帰仁なきじんの按司が王の命令に従って、領内に所有していた武器を中央政府に引き渡すための行列だった。

 

 

 

すぐに駆け寄って介抱してくれたのが、今帰仁按司に仕える伊敷里之子いしちさとぅぬしで、二人は運命的な恋に落ちる。

 

 

伊敷

伊敷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

身分の違いを越えて、馬を並べて首里の馬場を走るなど満ち足りた時を過ごすが、それは長くは続かなかった。

 

 

二人は楽しい時を過ごす

二人は楽しい時を過ごす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

伊敷の故郷の今帰仁で、村の祭祀を司る公的な存在である神女ノロと、個人的な依頼により、

 

先祖供養や祈祷などを行う民間の巫女ユタとが武器を手にして集団で争う騒動が起こり、伊敷に鎮圧のための派遣命令が下る。

 

 

伊敷に派遣命令が下る

伊敷に派遣命令が下る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

音智伊敷が無事帰還することを願うが、伊敷は死を覚悟して今帰仁に向かい、神女巫女と争いに巻き込まれて落命してしまう。

 

 

伊敷は命を落としてしまう

伊敷は命を落としてしまう

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

伊敷の死を察知して悲しむ音智に向かい、兄の尚真王は、国内すべての神女の頂点に立ち、国王ひいては王国を守護する使命を担う「聞得大君ちふぃじんに就任するよう求める。

 

 

音智の兄・尚真王

音智の兄・尚真王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

恋人の死を受け入れた音智は、兄の命に従い、聞得大君となって王国の存続と繁栄のため、自らの命を捧げることを誓うのであった。

 

 

聞得大君誕生

聞得大君誕生

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である音智の衣装は、沖縄の琉装りゅうそうと呼ばれる衣装を着ています。

 

 

ピンク色と黒色の2着を、場面ごとに着ているのですが、今回はこの2着を1着の衣装にまとめました。

 

 

ピンク側には、黄色い花が描かれ、黒い方には金色の花が描かれています。

 

 

頭には紫色の鉢巻きをして、沖縄の赤い花を付けています。

 

 

 

そして、非常に大きな扇を手にしています(笑)

 

この扇には、2羽の鳳凰が向かい合っているところが描かれています。

 

 

音智

音智

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

そして、手前にいる恋人の伊敷里之子いしちさとぅぬしは青い沖縄の着物を着ています。

 

銀色の丸い紋がデザインされています。

 

 

襟元は青、帯は黄色です。

 

伊敷

伊敷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

背景に鎮座しているのは、音智の兄の琉球の国王・王尚真しょうしんです。薄い黄色の衣装に、頭には黒と金の王冠を被っています。

 

 

尚真王

尚真王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

音智・伊敷・王尚真

音智・伊敷・王尚真

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、琉球・沖縄ということで首里城しゅりじょうを描きました。

 

 

屋根瓦は茶色で、側面は真っ赤になっていて、とても豪華な造りになっています。

 

 

 

 

首里城は一昨年、火事で焼失してしまいましたが、何とか元の姿に戻る事を祈っています。

 

 

聞得大君誕生

聞得大君誕生

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

この絵を描きながら、高校の修学旅行で沖縄に行った事を思い出しました😊

 

 

 

本日のイラストは、舞台が沖縄の豪華な色彩に見えるように、全体を沖縄一色に表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『聞得大君誕生』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ