歌舞伎絵

お光狂乱

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

お光狂乱

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・お光狂乱おみつきょうらんです。

 

 

 

今日の絵は、お光おみつという女性が主役の話です。

 

 

 

お光が恋人を失い、狂乱するという内容の歌舞伎舞踊劇です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
お光狂乱
(おみつきょうらん)

お光と阿修羅

お光と阿修羅

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

 

●文化十年(1813年)江戸・中村座初演

●本名題:『初恋千種の濡事はつこい ちぐさのぬれごと

●作詞:三代目岸澤古式部

●作曲:五世岸沢式佐

●上演時間:およそ25分

 

常磐津。

 

 

 

常磐津お光狂乱は、歌舞伎狂言・於染久松色読販おそめひさまつ うきなのよみうり(通称・お染の七役の道行を書き直したものである。

 

 

お光狂乱

お光狂乱

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

お夏狂乱おなつきょうらんと並んで、恋人を失った女性の狂乱物の代表的な曲に挙げられる。

 

 

 

 

◇◇◇

野崎村にある久作の家では、娘のお光が、かねてから慕っている久作の養子の久松ひさまつといよいよ祝言をあげることになった。

 

 

お光

お光

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

嬉しさを隠しきれないお光だが、そこへ現れたのは、久松の奉公先の油屋のひとり娘お染おそめであった。

 

 

 

かつて恋仲だった二人が、久作が暗に引き留めるのも聞かず、心中を覚悟していることを知ったお光は、自分は身を引き、髪を下ろして尼になる決意をする。

 

 

 

お光

お光

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

迎えに来た油屋の後家お常の配慮で、お染は舟、久松は駕籠と別々に去っていく姿を、涙ながらに見送るお光・・・。

 

 

 

恋人久松を失った悲しみから、お光は狂乱する。

 

 

狂乱するお光

狂乱するお光

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

狂乱のお光は、

「露の涙のかこち草」

 

との詞章で、恋人久松に捨てられてからの狂気を踊る。

 

 

 

お光は、 船頭久松と勘違いして、クドキ「はでな噂を聞いてさえ」と表現する。

 

 

しどけないお光

 

 

船頭を久松と勘違いするお光

船頭を久松と勘違いするお光

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そこで船頭は、神おろしの詞でチョボクレを踊ると、お光はすっくと立ち上がって、嫁入りの嬉しさ、恥ずかしさを踊って久松への思いを訴える。

 

 

狂乱のお光

狂乱のお光

 

 

そんなお光を不憫に思った船頭矢場の女は、大山詣りの守り太刀で悪魔払いをするが、お光の狂気は治まらず、 走り去っていって幕となる。

 

 

 

お光の独りの踊りして舞踊会ではよく出る。

 

 

お光狂乱

お光狂乱

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である、お光の衣装は、緑色の振袖です。振袖には、赤とピンクの梅の花が刺繍されています。

 

 

片袖は、引抜で赤色の振袖になっています。赤い振袖にも、銀色の梅の花が描かれています。

 

 

 

そしてお光の頭には、紫色の病鉢巻やまいはちまきをしています。手にはを持っています。

 

 

歌舞伎では、紫色の病鉢巻を持ち歩いていれるのは、狂乱している人を現します。

 

 

 

お光は、振袖で涙を拭っています。

 

 

お光

お光

(※クリックすると画像が拡大します)

 

お光は笹を持ち、久松への想いを訴え、狂乱の踊りを踊っています。

 

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、川が流れています。

川の向こう側には土手があり、高層街の街が見えます。

 

 

 

そして、全身真っ赤な色の阿修羅あしゅらの姿が見えています。

 

顔が3つ、腕が6本あります。

 

 

 

これは、恋人を失ったお光が、狂乱して怒り狂う場面を阿修羅で表現しました。

 

 

号泣する場面と怒り狂う阿修羅で、お光の心情を表現しています。

 

 

 

 

阿修羅の怒りの表情からは、お光の悲しさも感じさせます。

 

 

そして、青い衣装に身を包み、背中からは赤い炎をメラメラと燃えたぎらせています。

 

 

胸元には、装飾も輝いています。

 

お光と阿修羅

お光と阿修羅

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

阿修羅の怒りの表情からは、お光の悲しさも感じさせます。

 

 

 

 

 

さらに空には、ムクドリの大群が街の上を飛んでいます。

 

 

お光狂乱

お光狂乱

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

お光が怒り狂うところを、阿修羅で表現し、風景は現代の街並みで表現しました。

 

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・お光狂乱を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    申酉

    2021/12/7

    申酉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    彦山権現誓助剱

    2021/12/6

    彦山権現誓助剱

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    鰯賣戀曳網

    2021/12/5

    鰯賣戀曳網

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    お化け提灯

    2021/12/4

    お化け提灯

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます☺       今回ご紹介するのは、 ...

    続きを読む

    年増

    2021/12/2

    年増

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2021 絵師・hidemasaのホームページ