歌舞伎絵

浜松風恋歌

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

浜松風恋歌

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・浜松風恋歌はままつかぜ こいのよみびとです。

 

 

 

 

今日の絵は、小ふじこふじという女性に、姉の松風の霊が乗り移る場面です。

 

 

そして、小ふじに片思いしている此兵衛という男性が登場します。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
浜松風恋歌
(はままつかぜ こいのよみびと)

小ふじと此兵衛

小ふじと此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄・竹本。

 

●文化5年8月、中村座初演

●作詞:不明

●作曲:九世杵屋六左衛門

●振付:市山七十郎

 

 

 

後に生まれた今様須磨いまようすまの下の巻は、本曲が基になっている。

 

 

行平に焦がれて死んだ松風の怨念が、下女小ふじに乗り移って、班女になって行平の装束を着てさまよい出るのを、小ふじに思いを寄せる船頭此兵衛が追い回し、所作ダテとなる、古風な曲である。

 

小ふじと此兵衛

小ふじと此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

舞台は向こうが海、真中に磯馴れの松がある須磨の海岸

 

 

 

須磨の浦に流された在原行平ありわらのゆきひらは、愛する松風まつかぜ小ふじ姉妹に何も告げず、都に帰ってしまう。

 

 

小ふじ

小ふじ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

そして行平が帰ったことを知り、恋焦がれ、松風は死んでしまう。

 

 

 

船頭の此兵衛は、かねてから気に入っていた小ふじを見つけ、今日こそは自分のものにしようとする。

 

 

此兵衛

此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

だが此兵衛など眼中にない小ふじ

 

 

更に、松風の霊が小ふじに乗り移り、小ふじは正気を失ってしまう。

 

 

小ふじに松風の霊が乗り移る

小ふじに松風の霊が乗り移る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

そして小ふじは、行平が残した烏帽子と狩衣を身にまといながら、行平をしのんで踊る。

 

 

小ふじに恋する此兵衛は、そんな小ふじを追い回す。

 

小ふじを追い回す此兵衛

小ふじを追い回す此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

だが、いつになっても振り向いてくれない小ふじがついに憎くなり、此兵衛は刀を抜き、小ふじに斬りかかる。

 

小ふじに斬りかかる此兵衛

小ふじに斬りかかる此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

そして小ふじはそれをかわし、翻弄するのであった。

 

 

浜松風恋歌

浜松風恋歌

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である、小ふじの衣装は、水色の打掛、片袖が引抜でオレンジ色の打掛です。

 

 

水色の打掛には、オレンジ色の花や金色の扇子が描かれています。

 

 

オレンジ色の打掛には、タコをイメージした模様になっています。

 

小ふじ

小ふじ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

一方、此兵衛は、上が引抜で黒の衣装です。この黒い衣装には、青・水色・オレンジ色の奇抜な模様がデザインされています。

 

 

下は緑色のチェック柄になっています。

 

 

此兵衛

此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

小ふじは、思いを寄せる此兵衛を翻弄します。此兵衛が取り出した刀を、掴まえています。

 

小ふじと此兵衛

小ふじと此兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、斜めにうねった松があり、須磨の海岸です。

 

 

 

舞台が須磨なので、海の向こう側には、夕方の神戸の街があります。

 

 

 

 

さらに、アコヤガイの中から口が現れています(笑)

 

 

 

これは、小ふじの姉である、松風の霊アコヤガイの中から口という表現で現しました。

 

 

 

綺麗な貝の中に女性の口を描いて、どこか静かな怖さをイメージしています。

 

 

 

ピンク色の空には、星が出ています。

 

 

 

浜松風恋歌

浜松風恋歌

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

姉の怨念に取り憑かれた女性と、姉の霊を新しい表現で描きました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『浜松風恋歌』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ