歌舞伎絵

日高川入相花王

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

日高川入相花王

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『日高川入相花王』(ひだかがわ いりあいざくら)です。

 

 

 

今日の絵は、蛇となった清姫が、日高川を渡る場面です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
日高川入相花王
(ひだかがわ いりあいざくら)

清姫

清姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

平将門が都を平定したすぐあとの時代を設定しており、それに安珍清姫道成寺伝説を取り入れて構成している。

 

清姫

清姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

清姫安珍を追って日高川まできたものの、船頭が渡してくれないので、執念は蛇体となって川を渡り、安珍の隠れている鐘を七巻半巻いて、湯に溶かしてしまった『道成寺』伝説の一節。

 

 

現在は主に人形振りで演じられる。

 

 

 

 

◇◇◇

朱雀天皇は病気がちで、弟の桜木親王に皇位を譲ろうとするが、左大臣の藤原忠文は親王を罪に陥れ、追手をかける。

 

 

 

親王は逃れて奥州の錦木守のもとにかくれている。そこも危うくなり、山伏安珍に姿をかえて、紀州の真那古庄司のもとにくる。

 

 

そこの一人娘の清姫きよひめ)は、かつて見染めた男である安珍に恋心をつのらせる。

 

 

安珍に恋心をつのらせる清姫

安珍に恋心をつのらせる清姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

だが、親王には、小田巻姫という恋人がいて、二人は道成寺へおもむく。

 

 

 

嫉妬のため逆上した清姫が二人を追いかけていく。

 

 

 

 

日高川にやってきた清姫は、船頭に渡船を頼む。

 

 

日高川にやってきた清姫

日高川にやってきた清姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

人形ではカニと呼ぶ頭のような船頭は、

 

「道成寺へ渡してたべ」

を、

「どじょう汁が食いたい」

 

 

と聞き間違え、安珍からくれぐれも渡してくれるな、と頼まれたと物語る。

 

 

 

清姫は、船頭が渡してくれないとみるや、蛇となって泳いで渡る。

 

船頭は一散に逃げる。

 

 

蛇となって二人を追いかける

蛇となって二人を追いかける

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

道成寺へ着いた清姫は、身代わりの親王と小田巻姫を殺してしまう。

 

日高川入相花王

日高川入相花王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である清姫の衣装は、青い着物から、ぶっ返りと呼ばれる早変わりで、白地に金色のウロコ模様の衣装にになっています。

 

この模様は、鹿の子かのこ)模様と呼ばれています。

 

 

そして、ピンク色の帯が流れています。この帯には、緑色のしましま模様が描かれています。

 

 

 

頭には、赤く長いリボンを付けています。

 

 

清姫

清姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

清姫は嫉妬に狂い、蛇となって木に絡まり、安珍を追いかけるところです。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景には日高川、川の向こう側には、満開の桜の山が咲いています。。

 

 

 

清姫の後ろにある木は、柳の木です。

 

 

この柳の木に、清姫がまとわりついている場面を、蛇の胴体で表現しました。

 

 

 

蛇体からは、赤い炎が燃えたぎっています。

 

 

 

 

日高川入相花王

日高川入相花王

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

美しい清姫が恐ろしい蛇となり、安珍に対し嫉妬の念を燃やす、おどろおどろしい場面を表現して描きました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『日高川入相花王』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ