1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

小栗栖の長兵衛

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・小栗栖の長兵衛おぐるすのちょうべえです。

スポンサード・リンク

 

 

今日の絵は、ドラマなどで大活躍の香川照之さんが、歌舞伎役者として市川中車の名前で演じた舞台です。

 

 

内容は、乱暴者で村一番の嫌われ者の男が、一夜にして村の英雄になったという話です。

スポンサード・リンク

 

主役は、香川さんが演じる長兵衛(ちょうべえ)です。

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

スポンサード・リンク

 

演目名

 

歌舞伎狂言
小栗栖の長兵衛
(おぐるすのちょうべえ)

長兵衛と巫女の小鈴

長兵衛と巫女の小鈴

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

あらすじ

●初演:大正9年11月、明治座

●作:岡本綺堂

●主演:二代目・市川猿之助

 

戯曲として発表されていたものに、当時の猿之助が目を付け上演許可を得た。

 

 

山崎の合戦後、明智光秀(あけちみつひで)が小栗栖村内(※現在の京都市伏見区)で百姓に討たれた事件を題材としている。

スポンサード・リンク

 

 

◇◇◇

小栗栖村(おぐるすむら)長兵衛ちょうべえは、博打や酒、喧嘩に明け暮れて、村人には嫌われ、父親にまで見放される乱暴者。

スポンサード・リンク

 

長兵衛

長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

武士同士の戦いに、百姓は手を出してはならぬという命が下っている中、村一番の乱暴者の長兵衛は八幡様の巫女・小鈴こすずの手を引いて現れる。

スポンサード・リンク
小鈴の手を引いて現れる長兵衛

小鈴の手を引いて現れる長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

小鈴

小鈴

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

小鈴に酌を強要したり、悪態の限りを尽くし、諌めようとした父・長九郎(ちょうくろう)に傷を負わせる。

 

小鈴に酌を強要する長兵衛

小鈴に酌を強要する長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

嫌がる小鈴

嫌がる小鈴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、今日も村人から馬を盗んだ疑いをかけられ、長兵衛は怒って暴れ廻る。

スポンサード・リンク

 

暴れる長兵衛

暴れる長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

見兼ねた村人たちは、長兵衛を簀(す)巻きにして川に沈めようとする。

スポンサード・リンク

 

 

そこへ、羽柴秀吉(はしばひでよし)の家臣・堀尾茂助(ほりおもすけ)が槍先を持って現れ、昨夜、明智光秀を刺した者の詮議を始める。

 

 

 

茂助の尋ねによって、長兵衛が謀反の大将明智光秀を竹槍で討った手柄者だと分かると、皆の態度は一変。長兵衛を村の英雄だと褒め称える。

スポンサード・リンク

 

長兵衛は村の英雄となる

長兵衛は村の英雄となる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

手厚い恩賞が約束され、長兵衛は村の英雄にまつり上げられる。

スポンサード・リンク
長兵衛は英雄となり、 村人達は歓喜に溢れる

長兵衛は英雄となり、
村人達は歓喜に溢れる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

長兵衛は英雄の証である竹槍を手に、秀吉の陣のある京へと向かうのであった。

スポンサード・リンク

 

 

乱暴者で村の嫌われ者のまむしの長兵衛が、明智光秀を討ったと知れるやいなや、一転して村人たちの英雄になるという、喜劇的傾向の強い作品である。

 

 

 

初演は二代目・市川猿之助(猿翁)の芸風が役柄と合い当たり役となった。

スポンサード・リンク

 

三代目・市川猿之助

三代目・市川猿之助

(※クリックすると画像が拡大します)

 

孫の三代目・市川猿之助や弟の四代目・市川段四郎に受け継がれている。

スポンサード・リンク

 

これは、初演の猿之助からよる演出がすぐれ、それが継承されていることを示している。

 

小栗栖の長兵衛

小栗栖の長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

衣装メモ

長兵衛は、オレンジ色に丈の短い着物を着ています。

着物には、黒い格子模様がデザインされています。

スポンサード・リンク

 

首には、水色の手拭いを結んでいます。

 

そして左手には、竹槍を持っています。

スポンサード・リンク

 

長兵衛

長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして、長兵衛が巫女の小鈴こすずの手を引いて現れます。

スポンサード・リンク

 

 

小鈴は、白と赤の巫女さんの衣装です。上は白の装束に、下は赤い袴姿です。

小鈴

小鈴

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人とも、座っているところです。

 

 

 

今回の表現ポイント

●背景は、下半分は小栗栖村内の畑です。

スポンサード・リンク

 

そして、上半分は、長兵衛が一躍ヒーローになったということで、長兵衛のシルエットです。

 

長兵衛がヒーローとなり、喜びのポーズを決めているところです。

スポンサード・リンク

 

 

さらに長兵衛の周りには、たくさんの村人達が、村からヒーローが現れた歓喜に溢れているところを表現しました。

村人達もシルエットで描きました。

スポンサード・リンク

 

空は、村が歓喜に溢れている様子をピンク色で描きました。

 

小栗栖の長兵衛

小栗栖の長兵衛

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

村一番の嫌われ者であった長兵衛が、一夜にして村のスーパーヒーローになるという、二つの場面を1枚の紙に表現しました。

 

 

今回は、歌舞伎狂言・小栗栖の長兵衛を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    関の小万

    2022/6/28

    関の小万

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    珠取海女

    2022/6/27

    珠取海女

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    楊貴妃

    2022/6/22

    楊貴妃

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ