1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

国訛嫩笈摺

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・国訛嫩笈摺くになまり ふたばのおいずるです。

 

今日の絵は、母子の再会の物語です。

主役は、母親のお弓おゆみと、娘のお鶴おつるです。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎狂言
国訛嫩笈摺
(くになまり ふたばのおいずる)

お弓とお鶴 上にお宮詣りのお弓とお鶴

お弓とお鶴
上にお宮詣りのお弓とお鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●作:初代・奈河晴助

●補作者:奈河卯十郎 ほか

●初演:文化5年秋、大坂・嵐重次郎座

通称・どんどろ

 

歌舞伎狂言・傾城阿波の鳴門けいせい あわのなるとをさらに改作し、独立させた作品。

八冊目の十郎兵衛住家を、大坂上本町の土井大炊頭の屋敷にあった、どんどろ大師の境内での母娘の別れに書き替えて、主に小芝居での人気レパートリーになっていった。

 

◇◇◇

大坂は上本町のどんどろ大師。

お弓とお鶴

お弓とお鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

十郎兵衛(じゅうろうべえ)お弓おゆみの夫婦は、徳島の玉木家の家宝国次の刀を探すため、大阪の玉造に住み、十郎兵衛は名前も銀十郎と変え盗賊の仲間に入っていた。

お弓

お弓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

お弓が留守番をしているところに手紙が届く。

 

十郎兵衛らの悪事が露見し、追っ手がかかったので、早く立ち退くようにとの知らせであった。お弓は夫の無事と刀の発見を祈って神仏に願をかける。

 

 

茶屋でお弓が休んでいると、年端もいかない可愛い巡礼の声が聞こえてくる。

 

「巡礼にご報謝~」
戸口に聞こえた愛らしい声。

 

お弓が外へ出てみると見ると、巡礼装束を身にまとった可愛らしい少女が戸口に立っている。

お鶴

お鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

名前はお鶴おつるといい、お弓と同郷の阿波の徳島から親をたずねて巡礼をしていた。

 

「そうかい。それで、親の名は何というんだい」

 

「あい、とと様の名は十郎兵衛、かか様はお弓と申します」

娘と再会を果たすお弓

娘と再会を果たすお弓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

お弓は巡礼の少女が、間違いなく自分の娘であることを確信する。

 

娘の「お鶴」も「お弓」に母親の面影を感じ、はここにおいて欲しいと頼む。

懇願するお鶴

懇願するお鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

しかし、お弓は、お家の重宝を詮議するために盗賊になっている身。

 

今すぐに抱きしめ母と名乗りたい思いを抑え、盗賊の罪が娘に及ぶことを恐れて、お鶴を国へ帰るように諭す。

お弓はお鶴を国へ帰るように促す

お弓はお鶴を国へ帰るように促す

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、このままここにおいて欲しいと頼むお鶴を、お弓は泣く泣く追い返す。

お鶴を泣く泣く追い返すお弓

お鶴を泣く泣く追い返すお弓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

悲歎にくれるお鶴

 

やがてお鶴は、哀しそうに順礼歌を口ずさみながら立ち去る。

お鶴はその場を去ってゆく

お鶴はその場を去ってゆく

(※クリックすると画像が拡大します)

 

「ちちははの恵みも深き粉河寺~ 仏の誓いたのもしの身や~~」

お鶴は巡礼歌を歌いながら去っていく

お鶴は巡礼歌を歌いながら去っていく

(※クリックすると画像が拡大します)

 

しかし、今別れたら再び逢うことはない。

お鶴の歌う順礼歌が遠のくと、お弓はこらえきれずにお鶴を連れ戻す決心をして、後を追っていくのであった。

国訛嫩笈摺

国訛嫩笈摺

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

お弓は紺色の細かいストライプ模様の着物です。襟元は黒になっています。

そして帯は薄い黄色です。

お弓

お弓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

●一方、お鶴は青と赤で統一した巡礼者の衣装を着ています。

お鶴

お鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

二人は再会を果たしますが、お弓は自分が母親だと名乗ることができません。

お弓とお鶴

お弓とお鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●背景は、若い女性が子供を抱いています。

 

これは、お弓お鶴です。

お鶴が生まれて間もない頃に、お弓に抱かれてお宮詣りをしているところをイメージして描きました。

背景は御宮詣り

背景は御宮詣り

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、後ろには、神社の神前幕、周りには桃の花が咲いています。

さらに、お鶴が生まれた時に書いた命名書も見えています。

 

国訛嫩笈摺

国訛嫩笈摺

(※クリックすると画像が拡大します)

 

母が娘を思う愛情を前面に出るように表現しました。

 

今回は、歌舞伎狂言・国訛嫩笈摺を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    大江山酒呑童子

    2024/6/26

    大江山酒呑童子

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    大和団子

    2024/3/14

    大和団子

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    うかれ坊主

    2023/8/28

    うかれ坊主

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    舞鶴雪月花

    2023/8/4

    舞鶴雪月花

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    流星

    2023/7/7

    流星

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む



    © 2024 絵師・hidemasaのホームページ