1. HOME >
  2. ハート >

京人形

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・京人形きょうにんぎょうです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、お人形さんの物語です。

内容は、彫刻師の男性が女性の人形を作ると、人形に魂が宿り、一緒に踊るという明るい舞踊です。

スポンサード・リンク

 

主役は、彫刻師の左甚五郎ひだりじんごろう、そして小車太夫こぐるまたゆうという女性の人形です。

今回のイラストは、2枚です。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
京人形
(きょうにんぎょう)

スポンサード・リンク
左甚五郎と小車太夫の人形 上にフランス人形の小車太夫

左甚五郎と小車太夫の人形
上にフランス人形の小車太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●常磐津、長唄。

 

●初演:万延元年、江戸市村座

四世・中村歌右衛門の甚五郎

十二世・市村羽左衛門の京人形の精

 

●作詞:三世・桜田治助。のちに河竹黙阿弥が補訂。

●作曲:五世・岸沢式佐

●振付:西川巳之助、西川芳五郎

●本名題:箱入あやめ木偶(はこいり あやめにんぎょう)

 

京人形

京人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

日光東照宮の眠り猫の作者として有名な、左甚五郎を主人公にしたユニークな舞踊劇。

登場人物

登場人物

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

甚五郎の作った京人形に魂が入って、動き出すという趣向のもの。

 

◇◇◇
彫工の名人・左甚五郎(ひだりじんごろう)は、廓で小車太夫こぐるまたゆう)を見そめ、生き写しの人形を彫り上げた。

スポンサード・リンク
左甚五郎

左甚五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

小車太夫の人形

小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

その人形を相手に1人で酒盛りをしていると、不思議なことに人形が箱から出てくるので驚く。

箱から出る人形

箱から出る人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

甚五郎は心をこめて彫ったので、人形に魂が入ったことがわかる。

魂が入った人形

魂が入った人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

が、どうした訳か、人形の動きは甚五郎と同じ男の仕草なのだ。これには甚五郎も戸惑う。

 

だが甚五郎は、しまっておいた小車太夫が落とした鏡を人形の懐に入れると、人形は太夫の仕草をするようになる。鏡はおんなの魂なのだ。

スポンサード・リンク
太夫の仕草をする人形

太夫の仕草をする人形

(※クリックすると画像が拡大します)

 

太夫の仕草をする人形は、急に女らしくなって優雅に踊る。

スポンサード・リンク
優雅に踊る小車太夫の人形

優雅に踊る小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

 

やがて、甚五郎と人形は楽しく一緒に踊る。

スポンサード・リンク
人形と踊る甚五郎

人形と踊る甚五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

人形の精が男性の仕草と、艶やかな傾城を踊り分ける変わり目が楽しく、後半は一転、甚五郎が大工道具を用いた趣向に富んだ立廻りを披露する。

スポンサード・リンク

 

いろんな筋のからむのは、本来、もっと長い一幕ものだったためで、近頃では、人形の身替り首の件などは省くことが多い。その方がまた、名工の性根がよく通って肯ける。

左甚五郎と小車太夫の人形

左甚五郎と小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

見どころは、ふたりのからみで、鏡を懐に入れると女になり、抜き取ると男に返る趣向など、楽しく、素晴らしい。

鏡を入れると長唄も出、常盤津と掛け合いになって、曲の振りも華やぐ演出だ。

スポンサード・リンク

 

ヤマ場は、人形の廓ばなしからクドキの件で、メルヘンの世界だけにほのぼのとしたものを感じさせる。

みどころが多く、華やかな舞台である。

スポンサード・リンク
京人形

京人形

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

左甚五郎の衣装は、緑色の着物です。着物には、細かい銀色の模様が入っています。

スポンサード・リンク
左甚五郎

左甚五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

●一方、小車太夫の人形の衣装は、赤い打掛に波や太陽の模様がデザインされています。

スポンサード・リンク

そして、紫色の市松模様の帯を付けて、花魁のスタイルになっています。

小車太夫

小車太夫

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人は、楽しく踊っているところです。

左甚五郎と小車太夫の人形

左甚五郎と小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

●もう一枚目のイラストは、小車太夫の人形が箱から出てくるところです。

こちらの小車太夫の衣装は、赤い打掛に桜の花、波模様がデザインされています。

スポンサード・リンク

帯は紫と緑の市松模様となっています。

 

小車太夫の人形は、京人形と書かれた桐の箱に入れられています。

スポンサード・リンク
箱の中の京人形

箱の中の京人形

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●1枚目のイラストの背景は、左甚五郎の家の中です。

スポンサード・リンク

左側に、わらびがデザインされた藍染の暖簾(のれん)が見えています。

箱から出る小車太夫の人形

箱から出る小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

●2枚目の背景は、大きなフランス人形の姿が見えています。

これは、小車太夫をフランス人形の姿で表現しました。

スポンサード・リンク
小車太夫をフランス人形で表現

小車太夫をフランス人形で表現

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ピンク色の大きなドレス、頭には大きな帽子を被っています。

スポンサード・リンク
小車太夫の人形

小車太夫の人形

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ピンクの背景部分には、たくさんのハートをアクセサリーように表現しました。

スポンサード・リンク
京人形

京人形

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回は、踊る左甚五郎と京人形姿の小車太夫、そしてフランス人形の姿となった小車太夫を表現して描きました。

スポンサード・リンク

 

今回は、フランス人形を描くのに一番時間が掛かりましたね。

以外と、フランス人形の衣装が細かかったですね(笑)

スポンサード・リンク

 

何とか、キレイに描けたので良かったです。

 

今回は、歌舞伎舞踊・京人形を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ