1. HOME >
  2. ヒョウ柄 >

二人静

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・二人静(ふたりしずか)です。

スポンサード・リンク

今日の絵は、静御前しずかごぜんの霊と、その霊に取り憑かれた若い女性が一緒に舞を踊るという物語です。

 

主役は、静御前の霊若菜摘みの乙女です。

スポンサード・リンク

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
二人静
(ふたりしずか)

スポンサード・リンク
乙女と静御前の霊

乙女と静御前の霊

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●原作:世阿彌元淸

●作曲:杵屋巳太郎

●補綴:坂東玉三郎

 

〈配役〉

スポンサード・リンク

◆静御前の霊:坂東玉三郎

◆若菜摘:中村児太郎

スポンサード・リンク

◆神職:坂東彦三郎

 

2019年、芸術祭十月大歌舞伎最後の演目として演じられた。

スポンサード・リンク

 

能を題材とした舞踊を、坂東玉三郎が新たな演出で手がけた二人静

 

玉三郎演じる静御前の霊、そして静御前の霊が乗り移った児太郎演じる若菜摘の乙女の二人によって、静御前の心情が描き出される。

スポンサード・リンク
二人静

二人静

(※クリックすると画像が拡大します)

 

◇◇◇
大和の国の吉野菜摘川。

スポンサード・リンク

 

吉野勝手明神(よしのかつてみょうじん)の正月七日の神事のために、乙女が若菜を摘んでいる。

若菜摘みの乙女

若菜摘みの乙女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そこへ、一人の女性が現れる。

静御前の霊

静御前の霊

 

 

女性は、自らの供養のために写経を行うことを乙女に頼む。

スポンサード・リンク

 

そして、吉野に帰ったら自分を供養してくれるよう神職に頼んで欲しいと乙女に言う。

女性は乙女に供養を頼む

女性は乙女に供養を頼む

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

乙女が名前を問うが、それには答えず、

「私を疑ったら、取り憑いて名前を明かす」

スポンサード・リンク

と言い残し消えうせた。

静御前の霊は姿を消す

静御前の霊は姿を消す

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

乙女は戻ってこの件を神職に報告した。

だが、疑いの言葉を口にしたため、女性に取り憑かれて狂乱状態になった。

スポンサード・リンク
乙女は取り憑かれ狂乱状態となる

乙女は取り憑かれ狂乱状態となる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

神職が憑き物に名前を尋ねると、自分は静御前しずかごぜんであると答える。

スポンサード・リンク
静御前の霊

静御前の霊

(※クリックすると画像が拡大します)

 

神職乙女に取り付いたのが静御前の霊であると知り、弔うことの条件に舞を所望する。

スポンサード・リンク
神職は舞を所望する

神職は舞を所望する

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、かつて静御前が奉納した衣装を身につけて乙女が舞い始めると、いつのまにか静御前の霊も同じ衣装で現れ、一人の女が二人になって舞を舞うのだった。

スポンサード・リンク
舞踊る二人

舞踊る二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

観るものを引き込む幽玄美あふれる舞踊に、劇場が幻想的な空気に包まれるなか幕となる。

スポンサード・リンク

現し世と常世の交わる、幻想的な舞である。

二人静

二人静

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

衣装メモ

静御前乙女ともに、白拍子しらびょうしと呼ばれる衣装を着ています。

静御前の霊

静御前の霊

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

乙女

乙女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

白と赤で統一された、巫女さんのような姿になっています。赤い袴は、とても長くて引きずっていますね(笑)

スポンサード・リンク

この衣装には、たくさんの(ふさ)が付いています。静御前はピンク色、乙女はオレンジ色の房になっています。

 

腰には青い刀を差しています。

スポンサード・リンク

 

そして頭には、金色の烏帽子(えぼし)を被っています。烏帽子には、藤の花とバラの花が付いています。そして、二人の烏帽子が光輝いています。

右手には扇を手にしています。

スポンサード・リンク

 

二人は舞を披露しています。

舞踊る二人

舞踊る二人

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

背景は、夜空をイメージしたものになっています。

 

この夜空が、今回3段になっているんです。

スポンサード・リンク

3つの場面と言った方が分かりやすいですね(笑)

 

一番下は、いろんなカラフルな物体が飛んでいます。これは、蛍をイメージして描きました。蛍が光っています。

スポンサード・リンク

静御前の霊が無事に供養されたところを、蛍で表現しました。

背景は三日月に天の川と蛍

背景は三日月に天の川と蛍

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そして、真ん中は天の川です。たくさんの星が流れています。

続いて一番上は、細い三日月流れ星がたくさん流れています。

スポンサード・リンク

 

さらに、二人とも若い女性ということで、足元はピンクのヒョウ柄を描きました。

二人静

二人静

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今回は、背景の天の川が少し時間が掛かりました。

 

星やキラキラの部分は、1.0mmの銀色のペンで、一つ一つ描いているんです(笑)

スポンサード・リンク

 

これはですね、ゆっくり丁寧に描くと、非常に時間が掛かるので、ポンポンポンポンと押し当てて猛スピードで描いています(笑)(笑)😌

 

今回は、歌舞伎舞踊・二人静を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ