創作歌舞伎絵 恋愛 白鳥 遊女 雪の華

黒髪

  1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

黒髪

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・黒髪くろかみです。

スポンサード・リンク

 

 

今日の絵は、女形の第一人者、坂東玉三郎さんが演じた舞踊です。

 

主役は、玉三郎さんが演じる遊女花魁です。

スポンサード・リンク

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
黒髪
(くろかみ)

スポンサード・リンク
遊女

遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

地唄・長唄。

●天明4年、江戸中村座初演。

●作詞:不詳

●作曲:初世杵屋佐吉

●歌舞伎狂言・大商蛭小島おおあきない ひるがこじまの二番目。

 

 

2019年、坂東玉三郎 ・京丹後特別舞踊公演の一つ。

スポンサード・リンク

 

坂東玉三郎の遊女

坂東玉三郎の遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

地唄の中で、最も愛されている曲の一つである。

スポンサード・リンク

 

 

 

お姫様が、髪を梳きながらの嫉妬の振りが原則ながら、太夫遊女にして振りをつけた舞踊もある。

 

思いを馳せる遊女

思いを馳せる遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

◇◇◇

雪の積もる静かな夜、片袖を夫に見立てて独り淋しく寝る、やるせない女性の想いを唄ったものである。

スポンサード・リンク

 

 

恋しい人に捨てられた女性の淋しさを舞う。

 

 

 

雪の降る夜、一人で過ごしながら、は、黒髪をくしけずる。

スポンサード・リンク

 

髪を梳く女性

髪を梳く女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

好きな男が他の女と新枕を交わしている側で、激しい嫉妬に苦しみ、悶えながら髪を梳(す)いている。

スポンサード・リンク

 

 

 

そして、女性は昔のことを思い出し、去っていった人の面影を求めても得られぬわびしさに、そっと涙する。

涙する女性

涙する女性

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

外には雪が、しんしんと降り積っている。

 

外は一面の雪

外は一面の雪

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

〽️黒髪の むすぼれたる 思ひをば
とけてねた夜の 枕こそ ひとり寝る夜の

 

仇枕 袖はかたしく つまじゃといふて
ぐちな女子の心としらず しんとふけたる

スポンサード・リンク

 

鐘のこえ ゆうべのゆめの けささめて
ゆかし 懐かし やるせなや

 

積もるとしらで つもる白雪

スポンサード・リンク
雪の中の遊女

雪の中の遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

日本女性の美の象徴である黒髪の白さの対比から、女性の恋心や嫉妬という感情を巧みに表現している。

スポンサード・リンク

 

黒髪

黒髪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

遊女の衣装は、黒地に桜の花や藁(わら)の模様など、様々な模様が入った打掛です。

スポンサード・リンク

 

金色の花びらが衣装全体に散っています。

とても豪華にデザインされた衣装となっています。

スポンサード・リンク

 

 

頭にもたくさんの鼈甲櫛べっこうくしをさしています。

 

 

そして、遊女の体が沿っていて、衣装も所狭しと広がっています。

スポンサード・リンク

 

遊女

遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回の表現ポイント

●背景は、水色の屏風びょうぶです。

スポンサード・リンク

 

冬の場面なので、今回は屏風の中にたくさんの雪を降らせました。雪は、雪の結晶で表現しました。

 

 

そして、屏風の上には、大きな白鳥が飛んでいます。ちょうど飛び立つところです。

スポンサード・リンク

 

これは、遊女の嫉妬を、冬の渡り鳥である白鳥で表現しました。

 

 

さらに、左上から斜線と雪の結晶が広がっていますが、これは、猛吹雪をイメージして描きました。

スポンサード・リンク

 

黒髪

黒髪

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

遊女の嫉妬を、冬の渡り鳥である白鳥雪の結晶で表現して、幻想的に描きました。

スポンサード・リンク

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・黒髪を紹介しました😊

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ