1. HOME >
  2. ニシキゴイ >

黒主

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・黒主くろぬしです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、小野小町おののこまち大伴黒主おおとものくろぬしの陰謀を見破る舞踊です。

主役は、小野小町大伴黒主です。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
黒主
(くろぬし)

スポンサード・リンク
小野小町と大伴黒主

小野小町と大伴黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●長唄

●初演:天保2年(1831年)江戸中村座

●作詞:松本幸二

●作曲:大薩摩・長唄は十代目・杵屋六左衛門

●本名題:六歌仙容彩ろっかせん すがたのいろどりの一つ

 

黒主

黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

舞台は宮中御所の奥庭。

正面に長唄囃子連中が雛段に並ぶ。

スポンサード・リンク

 

「和歌の浦わの藻塩草、浪うちかけて洗わん」

 

の鼓唄で、雛段の中央が割れて左右に引かれると、黒の冠装束に笏を持った大伴黒主おおとものくろぬし

スポンサード・リンク

十二単で上着のもろ肌を脱いで襷がけをし、草紙を持った小野小町おののこまちが台に乗って現れ押し出される。

舞台中央から現れた二人

舞台中央から現れた二人

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

黒主小町を陥れんがため、小町の詠歌を盗み聞いて万葉集に書きこみ、古歌を盗んで自分の詠歌と偽ったと濡衣を着せる。

大伴黒主

大伴黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

小町が手にした万葉集の草紙を角盥(つのだらい)で洗う。

小野小町

小野小町

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

すると、盗作といわれた歌だけが洗い流されるという謡曲草紙洗小町の趣向を見せる。

 

さらに黒主の詠んだ歌が、天下を呪う意があると小町が見破る。

スポンサード・リンク
小町は黒主の陰謀を見破る

小町は黒主の陰謀を見破る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

天下を掌握して小町を嫁にしようという野望がバレた黒主

スポンサード・リンク
本性を現す黒主

本性を現す黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

 

小町に天下調伏の陰謀を見抜かれた黒主は、

スポンサード・リンク

「さすがの小町、よく見あらわした」

と本性をあらわし、花四天(はなよてん※捕り手・雑兵)にとりかこまれる。

スポンサード・リンク
黒主は本性を現す

黒主は本性を現す

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして立廻りになり、二重にあがって大見得で幕となる。

スポンサード・リンク
黒主

黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

小野小町の衣装は、濃い水色の十二単姿です。そして上着を脱いで、襷掛け(たすきがけ)をしている衣装です。

スポンサード・リンク

水色の衣には、菱形模様がデザインされています。

 

そして十二単の中に着ている、赤い袴が広がっています。

スポンサード・リンク

 

小町の手は、草子を持っています。

小野小町

小野小町

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

●対する大伴黒主の衣装は、黒の束帯姿に垂纓(すいえい)と呼ばれる冠を被り、手には笏(しゃく)を持っています。

 

顔は、青い隈取りをして、悪人の顔になっています。

スポンサード・リンク
大伴黒主

大伴黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

 

小野小町に和歌は盗作と言い掛かりを付けた大伴黒主でしたが、小町に嘘を見破られ立ち廻りとなります。

スポンサード・リンク
小町と黒主

小町と黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●背景は、宮中の庭をヒントに描きました。

スポンサード・リンク

 

宮中の庭の池から、大きなニシキゴイが飛び上がっているところを表現しました。

どちらも、白と赤の模様です。

スポンサード・リンク

 

の周りには、水しぶきやオレンジ色の雲も見えています。

 

 

ニシキゴイを描いたら、滝を描きたくなったんですが、新しいくピンクと黄色のラインで滝を表現しました。

スポンサード・リンク

 

さらに、小町黒主が歩いている舞台は、水玉模様です。

黒主

黒主

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、ニシキゴイの色塗りが一番時間がかかりました(笑)

特に、鱗や背びれ、ヒゲ、目の周りに入っている金色の部分ですね。

スポンサード・リンク

 

小野小町大伴黒主が争う場面に、ニシキゴイを登場させて、インパクトのある舞台を表現しました。

 

今回は、歌舞伎舞踊・『黒主』を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ