歌舞伎絵

髭櫓

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

髭櫓

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・髭櫓ひげやぐらです。

 

 

 

今日の絵は、夫婦喧嘩のお話です。

髭の左衛門ひげのさえもんと妻の梅ヶ枝うめがえが主役です。

 

 

この夫婦が繰り広げる夫婦喧嘩を、コミカルに表現した内容になっています。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
髭櫓
(ひげやぐら)

髭の左衛門と妻の梅ヶ枝

髭の左衛門と妻の梅ヶ枝

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄・常磐津。

●昭和28年6月、歌舞伎座初演

●木村富子の作を三宅藤九郎が改修・監督

●作曲:常磐津菊三郎・杵屋栄蔵

●振付:藤間勘十郎

 

 

 

 

 

◇◇◇

大髭が自慢の髭の左衛門さえもんが、宮廷の大嘗会だいじょうえで犀の鉾(さいのほこ)を持つ大役に任じられる。

 

髭の左衛門

髭の左衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

左衛門は選ばれたことを得意気に言って喜んでいる。

 

 

 

だが、奥方の梅ヶ枝うめがえは不満だ。

 

 

妻の梅ヶ枝

妻の梅ヶ枝

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

新しい装束を仕立てるという話には、

「うちは貧乏でそんな余裕は無い」

 

と役を断るように迫る。

 

 

 

日頃から髭を嫌だと思っていた梅ヶ枝だが、この自慢の髭で名誉をうけることは許されないと思っていた。

 

梅ヶ枝は夫に不満を持つ

梅ヶ枝は夫に不満を持つ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

さらに「その髭があるのが悪い」と自慢の髭を剃り落としてしまえと言ったため、怒った左衛門を打擲する。

 

口論する二人

口論する二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

左衛門の横柄な態度に、妻の梅ヶ枝も負けてはおらず、ついに夫婦喧嘩がはじまる。

 

夫婦喧嘩が始まる

夫婦喧嘩が始まる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

梅ヶ枝は近所の女たちと示し合わせ、熊手や薙刀(なぎなた)などを持った女たちを引き連れ攻めてくる。

 

 

梅ヶ枝は手には薙刀、毛抜きを背負う

梅ヶ枝は手には薙刀、毛抜きを背負う

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

梅ヶ枝が髭をそり立てようと押しかけてくると知らされ、左衛門は髭の上にやぐらを組んで応戦することになる。

 

 

左衛門は髭の周りに櫓を組む

左衛門は髭の周りに櫓を組む

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

奥方梅ヶ枝以下、大勢の女房たちが手に手に薙刀を持ち、背中に大きな毛抜きを背負って現れる。

 

反撃する梅ヶ枝

反撃する梅ヶ枝

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

左衛門は防戦するが、所詮は多勢に無勢、抗すべくもなく、ついに巨大な毛抜きで髭を引き抜かれてしまう。

 

 

 

勝鬨(かちどき)をあげて引込む女たち、左衛門は最後にくしゃみをして幕となる。

 

 

戦後、中村勘三郎がこしらえた狂言物で、ほとんど本行をまる取りしている。

 

髭櫓

髭櫓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である、梅ヶ枝の衣装は、薄い黄色の着物です。黄色い着物には、ピンク色の花がデザインされています。

 

 

そして上半身は、薄いピンク色の着物に早変わりしています。

 

 

帯は、水色と金色の市松模様がデザインされています。

 

 

頭には白い鉢巻きをして、怒りの表情になっています。

 

梅ヶ枝の手には薙刀(なぎなた)、背中には大きな毛抜きを背負っています。

 

梅ヶ枝

梅ヶ枝

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

一方、夫の左衛門は、上が紫の狩衣(かりぎぬ)です。狩衣は、銀色の格子模様で統一されています。

 

 

そして、下はオレンジ色の袴姿です。

 

 

頭には烏帽子を被り、立派なヒゲを蓄えています。

 

 

 

そして左衛門は、肩からオモチャのようなものを下げています。

 

これは、タイトルにあるとおり、やぐらです。

 

 

左衛門は、刀を振り上げ、と対峙しています。

 

髭の左衛門

髭の左衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、この演目のとおり、松を描きました。

 

 

 

そして、上には鬼の顔が見えています。

 

これは、二人が夫婦喧嘩をしているところを、鬼のお面で表現しました。

 

 

左衛門は、秋田のなまはげ梅ヶ枝般若はんにゃです。

 

 

なまはげには青い炎、般若にはピンク色の炎が出ています。

 

 

互いに鬼が睨み合っていますね。

 

 

 

さらに、二人の周りに稲妻が現れています。

 

 

髭櫓

髭櫓

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

夫婦喧嘩の演目を、馴染みのある鬼のお面で表現し、どこか楽しい内容で仕上げました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・髭櫓を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/9/24

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    秋色種

    2022/9/15

    秋色種

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ