歌舞伎絵

高砂丹前

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

高砂丹前

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『高砂丹前たかさごたんぜんです。

 

 

 

 

今日の絵は、夫婦が踊る祝いの歌舞伎舞踊劇です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
高砂丹前
(たかさごたんぜん)

奴と腰元

奴と腰元

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄。

●:1785・天明5年、江戸桐座初演。

●作詞:七世芳村伊十郎

●作曲:初世杵屋正次郎

●本名題:女夫松高砂丹前めおとまつ たかさごたんぜん

 

 

能の「高砂」が素となって作られた長唄。男山娘源氏おとこやま ふりそでげんじの舞踊劇。

 

 

奴と腰元

奴と腰元

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

高砂播磨兵庫県にある市の名前で、
高砂神社の”高砂の松”が有名。

 

 

 

古くから、高砂の松と、大阪”住之江の松”が夫婦であるとの伝説があり、
高砂、住之江の松を”相生の松”という。

 

 

踊る二人

踊る二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

ゆえにここでは“松づくし”で、夫婦の睦ましさを詠う。

 

夫の奴

夫の奴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

妻の腰元

妻の腰元

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

花槍を持った腰元の夫婦が千秋万歳の楽を奏して、君が代を祝い奉る。

 

 

花槍を持ち夫婦は踊る

花槍を持ち夫婦は踊る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

〽️『松の名所は様々に
あれ 三保の松羽衣の
松に掛けたる尾上の鐘よ

 

逢いに相生夫婦松
中に緑の いとしらしさの姫小松

 

二階三階五葉の松
幾代重ねん千代見草
しおらしや』

 

 

奴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

腰元

腰元

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

『松の名所は様々あるが、まあょっとあれを見なさいな、駿河国三保の松。

 

天女が羽衣を掛けたという、松に掛けたのは、尾上神社(高砂神社)の鐘か。

 

 

二人が逢瀬を重ねるうちに、できた嬰児は 可愛い可愛い女の子。

 

 

二歳、三歳、五歳と成長が楽しみ、末頼もしいことよ。』

 

 

 

高砂丹前

高砂丹前

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

腰元の女性の衣装は、オレンジ色にピンクのぼかしが入った着物です。金色の花が描かれています。

 

そして、片袖が赤色になっています。赤い着物には、家紋がデザインされています。

 

 

帯は青色一色の物になっています。

 

 

腰元

腰元

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

 

一方、夫であるの衣装は、上が赤色、下が水色の着物です。

 

 

水色の着物には、金色の模様がデザインされています。衣装の引抜きで、赤い着物に変わっています。

 

 

上半身の赤い着物には、金銀の鶴と松が描かれています。

 

 

は赤紫色の帯を締めています。

 

 

奴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

踊る二人

踊る二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

二人共、手には花槍はなやりというものを持って踊っています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、高砂の夫婦ということで、教会にあるチャペルの鐘が見えています。。

 

 

 

高砂の夫婦を、チャペル挙式で表現しました。

 

 

鐘からは、赤いリボンが出ています。

 

 

 

そして、横に黄色い雲が流れ、その上には、金色の枝と葉っぱが延びています。

 

さらに、白いハトも飛んでいます。

 

 

高砂丹前

高砂丹前

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

高砂の夫婦の門出を、洋風の挙式をイメージして描きました。

 

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・高砂丹前を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ