歌舞伎絵

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『』(ゆき)です。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

演目名

 

歌舞伎舞踊

(ゆき)

 

雪

一人の芸鼓

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

 

江戸中期の天明期に作られたとされる地唄の名曲。

 

 

一人の芸鼓

一人の芸鼓

 

 

大阪南地の芸妓ソセキが恋に破れ、浮世を捨て尼になったが、まだ昔の思いを捨てかねている様を唄ったといわれる。

 

 

 

 

◇◇◇

大坂は南地の、ソセキという実在の芸妓をモデルにした、あわれで美しい女心をうたっている。

 

 

暗い雪の夜

暗い雪の夜

 

今は仏門に入った芸妓が、雪の夜に一人寂しく恋人を待ち侘びた過日の思い出を回想する。

 

 

女性は懐かしい昔の恋を思い出す

女性は懐かしい昔の恋を思い出す

 

芸妓姿の着流しに、雪散らしの模様など清雅な衣裳で、小道具は絹ばりの傘一本であることが多い。

 

 

そして前半の傘の扱いに特に修練と技巧が要求される。

 

 

一人の芸妓

一人の芸妓

 

静寂な雪の夜に、しみじみと胸にしみいる鐘の音につのる独り寝の侘しさを、優美な曲線を描きながらも、さばいた裾からのぞく足元に至るまで観客の感情に訴え掛ける。

 

 

 

当代・坂東玉三郎が、こよなく愛する地唄の名曲である。

 

雪

歌舞伎舞踊・雪

 

 

 

衣装メモ

 

今回の主役は、一人の芸妓さんです。

 

 

芸妓の衣装は、真っ白な着物を着ています。

この着物には、模様は入っていません。

 

 

 

帯は、黒に金色の模様が施されています。

 

 

頭には、鼈甲べっこう)の櫛を付けています。

 

 

一人の芸妓

一人の芸妓

 

芸妓は、黒い傘を手にしています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

今回の絵は、白と黒が特徴的です。

 

 

この演目は、舞台のセットが全く無くて、真っ暗な中、役者さんが傘を持って一人で踊る演目です。

 

 

着物も、ほとんど模様が無く真っ白でキレイな衣装です。

 

 

 

という舞踊は、絵で描くと非常にシンプルなんです。ただ、この場面の絵を生かすも殺すも、顔次第なんです(笑)

 

 

今回の絵は、芸妓さんの顔の表情に気を配って描きました。

 

ちなみに、この舞踊は15分ほどの演目です。

 

 

 

 

今回は、このような場面を表現して描きました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ