1. HOME >
  2. ネイルアート >

金谷丹前

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・金谷丹前かなやたんぜんです。

スポンサード・リンク

 

 

今日の絵は、静岡県が舞台の舞踊です。

 

主役は、元禄遊女げんろくゆうじょです。

スポンサード・リンク

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
金谷丹前
(かなやたんぜん)

スポンサード・リンク
元禄遊女

元禄遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

長唄、荻江節の曲名。

●宝暦3年初期

●作詞:不詳

●作曲:不詳

 

二上りの甘い感傷気分の満ちた古風な曲である。

スポンサード・リンク

 

 

元禄遊女

元禄遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

丹前たんぜんとは伊達(だて)風俗を表した語で、丹前男が傾城(けいせい)のもとへ通う筋であるが、思う女を寝取られた男の淋しさ、迷いとほのかな嫉妬を含んだ曲である。

スポンサード・リンク

 

遊女

遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

四季の風雅や、繊細な恋の情緒を巧みに織り込み、坂東玉三郎が元禄遊女を美しく、しっとりと表現する舞踊である。

スポンサード・リンク

 

玉三郎の元禄遊女

玉三郎の元禄遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

初世・荻江露友がこの曲の繊細な旋律にひかれ、自流に移し、今日では先行長唄より荻江節の代表曲となっている。地唄舞風のしっとりした振りがつけられている。

スポンサード・リンク

 

 

また、『古今和歌集』の大伴黒主(おおとものくろぬし)の和歌を冒頭に用いている。

 

 

〽️春雨のふるは涙かさくら花」

スポンサード・リンク

 

という出だしから、十五夜の月をふたりで眺めようといったり、

 

〽️わしが思いをねんねん寝取られて」

スポンサード・リンク

と嫉妬の気分で踊ったあと、

 

〽️戻れやれしやならしやならと」

スポンサード・リンク

という文句で結んでいるのは、初期歌舞伎舞踊の形式を残しているといえる。

 

 

元禄遊女

元禄遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

題名の金谷は、歌詞の「今は金谷も入相(いりあい)の」からきており、静岡県榛原(はいばら)郡の地名で、東海道五十三次の川越宿場をさすものと思われる。

 

 

調弦は二上り。テンポの遅い、しんみりした曲である。

スポンサード・リンク

 

踊りでは、丹前男と傾城の二人のもので、振りは新しく付けられるが古風な感覚を大切にした曲。

 

遊女

遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

素踊りでもよく、また衣裳付きでも踊られる。振付が伝存していないだけに、自由に踊れる面を持っている。

 

 

丹前物は、今日では水仙丹前高砂丹前枕丹前廓丹前などの舞踊が残っているのみである。

スポンサード・リンク

 

金谷丹前

金谷丹前

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

元禄遊女の衣装は、上に薄い黄色の着物を羽織っています。黄色い羽織には、オレンジ色と紫色の花が描かれています。

スポンサード・リンク

 

中はピンク色の着物を着ています。

こちらの着物には、オレンジ色の菱形がデザインされています。着物の裏地にも銀色の菱形がデザインされています。

スポンサード・リンク

 

 

そして帯は、青色に格子模様がデザインされています。

 

 

元禄遊女は、赤い扇を持って踊っているところです。

スポンサード・リンク

 

元禄遊女

元禄遊女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回の表現ポイント

●背景は、黄色とピンク色の雲が流れています。

スポンサード・リンク

 

そして、女性の手が4つ見えています。この女性の手の爪には、ネイルが施されています。

 

これは、ネイルアートで四季を表現しました。

スポンサード・リンク

 

 

さらに、手の周りに渦巻きのようなものが見えています。

 

これは、1年の四季が流れている様子を円で表現しました。

スポンサード・リンク

 

円の周りには、銀色の春夏秋冬の花を描きました。

 

金谷丹前

金谷丹前

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

坂東玉三郎さんが演じる元禄遊女に、ネイルアートで表現した四季を組み合わせて描きました。

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・金谷丹前を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ