1. HOME >
  2. ギャル >

蚤取男

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・蚤取男(のみとりおとこ)です。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、江戸の若い男と猫がじゃれ合う、楽しい舞踊です。

登場人物は、若い男です。今回は、若い男を女性で表現しました。

スポンサード・リンク

そして、実際に歌舞伎で演じられる若い男の姿も描きました。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

スポンサード・リンク

 

演目名

歌舞伎舞踊
蚤取男
(のみとりおとこ)

猫とじゃれ合う若い男

猫とじゃれ合う若い男

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

あらすじ

●長唄。

●初演:1929年(昭和4年)2月、明治座初演

●作詞:木村富子

●作曲:四世杵屋佐吉

●2世市川猿之助(猿翁)が創演。

 

2世市川猿之助(猿翁)が創演し,得意とした猿翁十種えんおうじっしゅの一つ。

 

◇◇◇
寝苦しい夏の夜。

スポンサード・リンク

独り者のいなせな江戸っ子が、ノミに悩まされ蚊帳からノミを追って飛び出してくる。

蚊帳から飛び出してくる

蚊帳から飛び出してくる

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

大きな差出しのノミが蚊帳から逃げ出してゆく。

 

刺青に赤い褌(ふんどし)の一人の若い男が出て縁側に腰掛け大あくびをする。

スポンサード・リンク
一人の男

一人の男

(※クリックすると画像が拡大します)

 

男を演じる女の子

男を演じる女の子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

は、痒い思い入れで、柱に背中をこすりつけるなどをして振りのあと寝そべる。

酒を飲むうち、今度は大きな蚊が二匹飛んでくるので、は蚊いぶしを焚いて縁台で涼んでいる。

スポンサード・リンク
縁台で涼む男

縁台で涼む男

(※クリックすると画像が拡大します)

 

寝苦しさに涼んでいると,屋根上に大きな三毛猫が現れる。

スポンサード・リンク
猫が現れる

猫が現れる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

(ひさし)から飛び降りたは、に寄りそい、女のこなしで色模様になる。

スポンサード・リンク
猫とじゃれ合う男

猫とじゃれ合う男

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、がじゃれつき,とクドキ模様のしゃれた振りとなる。

スポンサード・リンク
見得を切る男と猫

見得を切る男と猫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

立てた縁台の上に座って、招き猫の形できまるは台を支える心で右肌を脱ぎ、両手を広げた見得で幕となる。

スポンサード・リンク

滑稽(こっけい)なしぐさなど猿之助の専売で,3世猿之助が受け継ぐ。

蚤取男

蚤取男

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

衣装メモ

●まず、若い男を演じる女性の衣装は、ピンク色の浴衣を着ています。

浴衣には、喜熨斗格子(きのしごうし)という、『の』の文字と3本ラインに銀色のギザギザの格子模様が付いています。

スポンサード・リンク

女の子なので、浴衣にはハート柄やラメも施されています。

男を演じる女の子

男を演じる女の子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そして、右肩を出し、さらしを巻いています。
肩から腕にかけては、蝶々のタトゥーも見えていますね。

頭は、今風をヘアスタイルに、大きな牡丹の花にハートのかんざしを付けています。

スポンサード・リンク
ハートのかんざし

ハートのかんざし

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして、ピンク色のサンダルを履いています。

スポンサード・リンク

 

●一方、若い男の衣装は、濃紺の浴衣を着ています。

こちらも、喜熨斗格子の模様になっています。
下は、赤いふんどし姿です。

スポンサード・リンク

こちらも、右肩を出し肩から腕にかけて刺青が彫ってあります。

一人の若い男

一人の若い男

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人は猫とじゃれ合い、両手を広げた見得を切っているところです。

二人は猫とじゃれ合う

二人は猫とじゃれ合う

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

●続いて背景です。

蚤取男は、季節が夏で設定されている演目なので、背景は夏をイメージしたものになっています。

スポンサード・リンク

 

中段は青い海を背景に、青い朝顔がたくさん咲いています。

そして、2匹の子猫がじゃれ合っています(笑)

スポンサード・リンク
背景はたくさんの猫

背景はたくさんの猫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして空はピンク色です。

スポンサード・リンク

こちらにも2匹のがいます。
1匹の猫の首には、鈴が付いています。

 

2匹の猫は、若い男を上から見ています。

スポンサード・リンク

 

さらに、右上に猫のカップルが月を眺めています。

空には、たくさんの星、ハートの星が輝いています。

スポンサード・リンク

 

そして、若い男女の子の足元は、道路になっています。

蚤取男

蚤取男

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今回は、前回ほどではないんですが、全体的に時間が掛かりました。

 

特に、猫の部分が一番時間が掛かりました😊

スポンサード・リンク

個人釣に猫は大好きなので、描いていて楽しかったです😊✨

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・蚤取男を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/9/24

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む

    秋色種

    2022/9/15

    秋色種

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ