1. HOME >
  2. キラキラ系 >

舞鶴雪月花

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・舞鶴雪月花(ぶかく せつげっか)です。

今日の絵は、桜の精松虫雪だるまがそれぞれ登場する歌舞伎舞踊です。

 

上の巻、中の巻、下の巻三つの場面を描きました。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
舞鶴雪月花
(ぶかく せつげっか)

下段に桜の精 中段左側に松虫の親子、右に雪達磨 最上段に太陽

下段に桜の精
中段左側に松虫の親子、
右に雪達磨
最上段に太陽

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●長唄

●作:萩原雪夫

●作曲:十四世・杵屋六左衛門

●振付:藤間勘十郎

舞鶴雪月花は、萩原雪夫先代勘三郎のために書いた舞踊である。

作者である萩原雪夫が、中村屋のために最初に作ったのが「大江山酒呑童子」(おおえやま しゅてんどうじ)

 

その「大江山」が好評を得たので、「今度は『雪月花』のようなものを踊りたい、そしていずれも人間でなく、何かの精として演じたい」との希望があり「舞鶴雪月花」を作ったという。

舞鶴雪月花

舞鶴雪月花

(※クリックすると画像が拡大します)

 

舞鶴(ぶかく)というのは中村屋の俳名で、中村屋が桜の精の美しい娘、勘九郎を相手の親子の松虫、最後が軽妙な雪達磨を三変化の早替わりで踊りぬいた。

 

三景ともはかない命を惜しみ、愛おしんでいる。その煌めきを描いている。

 

春の桜、秋の松虫、冬の雪達磨による舞踊。

春、秋、冬を踊る

春、秋、冬を踊る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

◇◇◇

〈上の巻〉さくら

舞台が明るくなると、桜のピンクがふわぁっと客席まで溢れてくる。

床まで届く長い吊り枝の後ろから、恥ずかしそうに顔を覗かせる桜の精

桜の精

桜の精

(※クリックすると画像が拡大します)

 

桜の柄の着付から、引き抜きで葉桜の着付になり、華やかに明るく舞う。

 

そして、袖を盃に見立てて酒を飲み、ほろ酔い気分で舞い踊る。

舞い踊る桜の精

舞い踊る桜の精

(※クリックすると画像が拡大します)

 

華やかに明るく舞うのだが、そこには季節の移ろいがある。

「花の命は短くて」という言葉を想起するほど、あっという間に踊り終える。そこには、はかないからこその命の煌めきがある。

 

「逝く春を いかにとどめん……」楽しい時間が過ぎるのは早いもので、散る桜をゆっくりと眺める仕草の後、花道のスッポンから自らも風に散るように、回りながら消えて行く桜の精

花道に消える桜の精

花道に消える桜の精

(※クリックすると画像が拡大します)

 

■〈中の巻〉松虫

月夜。下手(しもて)に大きな黄色い月が見えている。中央から松虫の子がせり上がってくる。ぴょんと伸びた触角が可愛らしい。

松虫の子

松虫の子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

やがてスッポンから親の松虫が登場。出会えた喜びに二匹は寄り添い、しばし楽しく鳴き競う。

親の松虫

親の松虫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そのうち子は踊り疲れて眠りにつく。

 

「われを呼ぶ妻の声……」松虫は顔を上げて、声の来るほうを探る。

 

風は徐々に冷たくなり、息で手を温めながら松虫は妻の声に誘われて、あの世へと旅立って行く。

あの世へ旅立つ松虫

あの世へ旅立つ松虫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

■〈下の巻〉雪達磨

闇に深々と降り積もる雪。雪の中には大きな雪達磨ゆきだるまが一つ。このハリボテの雪達磨の陰から雪達磨が登場する。

雪達磨

雪達磨

(※クリックすると画像が拡大します)

 

命を持った雪達磨が人間に恋をして、何とか想いを伝えようとする。

 

「溶けたくねえ」と雪達磨が呟く。

「溶けたくねえ」と呟く

「溶けたくねえ」と呟く

(※クリックすると画像が拡大します)

 

雪達磨は、必死に雪をかきあつめ、身体に顔に貼り付けるが間に合わない。顔がぐにゃり、脚がぐにゃり、手がぐにゃり…やがて消えていく。

 

陽が差し、雪達磨は溶けてその命を終えていく。

残るのは残骸と朝日だけ…。

陽射しに溶ける雪達磨

陽射しに溶ける雪達磨

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ゴーンと鐘の音が響く町に昇ってきた真っ赤な朝日

昇る太陽

昇る太陽

(※クリックすると画像が拡大します)

 

雪達磨「雪」と、松虫の鳴く秋の「月」、そして桜の「花」。季節感があって風情がたっぷりなのと、愛嬌と哀愁、そして美しさの盛り合わせた30分の舞踊である。

舞鶴雪月花

舞鶴雪月花

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

●まず、上の巻の主役は、桜の精です。

 

桜の精の衣装は、水色に桜の模様の振袖から、赤い振袖から早変わりするところです。

桜の精

桜の精

(※クリックすると画像が拡大します)

 

水色の振袖は満開の桜、赤い振袖は桜が散り、葉桜となるところを現しています。

 

どちらの振袖にも黄色い房が付いています。

この場面の背景は、枝垂れ桜です。

桜の精と枝垂桜

桜の精と枝垂桜

(※クリックすると画像が拡大します)

 

桜の精から、枝垂れ桜が飛び出しているイメージで描きました。

 

 

●続いて中段左側は、〈中の巻〉の松虫の場面です。松虫の親子が踊っています。

松虫の親子

松虫の親子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

どちらも、緑を基調にした衣装で、頭には触覚が付いていますね。

 

この場面の背景は、夜空に枯れ葉です。

 

 

●そして、中段右側は、〈下の巻〉の雪達磨の場面です。

この場面の登場人物は雪達磨ゆきだるまです。

白い着物に、頭には鉢巻きを巻いています。

雪達磨

雪達磨

(※クリックすると画像が拡大します)

 

顔がパンダのようですが、雪達磨です(笑)

 

この場面の背景は、冬の夜と雪だるまです。

 

そして中段の部分だけ夜になっています。

春・秋・冬を表現しています。

春・秋・冬を表現

春・秋・冬を表現

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●そして全体の背景は、最上段に鎮座する太陽です。

 

これまで太陽は何度か描いていますが、今回の太陽は、顔を描きました。

 

女神のようなイメージにしたかったので、ギャル系のっ女の子の顔で表現しました。

ギャル系の太陽

ギャル系の太陽

(※クリックすると画像が拡大します)

 

おでこには、蓮の花が付き、黄色い炎の部分からは、たくさんの飾りジャラジャラと付いています。

青い陽射しが降り注ぐ

青い陽射しが降り注ぐ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

さらに、太陽からは青い陽射しが降り注ぎ、キラキラと舞台全体を照らしています。

舞鶴雪月花

舞鶴雪月花

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回は、桜の精と枝垂れ桜の部分が一番時間が掛かりました。

 

その次が、ギャル系の太陽ですね✨

 

今回の絵は、いろんなキャラクターが登場するので、とても描きやすかったです。

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・舞鶴雪月花を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    うかれ坊主

    2023/8/28

    うかれ坊主

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    舞鶴雪月花

    2023/8/4

    舞鶴雪月花

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    流星

    2023/7/7

    流星

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    迦具土之舞

    2023/6/24

    迦具⼟之舞

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、創作歌舞伎舞 ...

    続きを読む

    鼠の道行

    2023/6/18

    鼠の道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨     このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・【鼠の道行】( ...

    続きを読む



    © 2024 絵師・hidemasaのホームページ