歌舞伎絵

粟餅

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

粟餅

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『粟餅あわもちです。

 

 

 

今日の絵は、粟餅売り杵造きねぞうおうすの夫婦が主役です。

 

 

粟餅売りの夫婦が、江戸の中心街で楽しく踊りながら、粟餅を売るという内容となっています。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
粟餅
(あわもち)

杵造とおうす

杵造とおうす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

常磐津。

 

弘化2年、江戸中村座初演。

本外題、『花競俄曲突はなのほか にわかのきょくづき

 

 

 

作詞・桜田治助、作曲・四世岸沢式左。

四世中村歌右衛門、市川九蔵が初演した。

 

 

 

弘化2年(1845)に江戸中村座で初演され、当時、江戸で人気の粟餅売りの姿を舞踊化した作品。

 

 

杵造とおうす

杵造とおうす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

威勢よく江戸の街中に現れたのは、粟餅売りの杵造きねぞうおうす

 

杵造

杵造

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

二人は早速、搗きたての粟餅をちぎっては、粉が入った鉢に投げ入れる曲投げ見せる。

 

おうす

おうす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

やがて、二人は交互に六歌仙を演じ分け、きびきび軽やかに踊る。

 

楽しく踊る二人

楽しく踊る二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして、団扇太鼓を打ち鳴らしたりしながら、賑やかな様子でこの場を去っていくのであった。

 

二人は去っていく

二人は去っていく

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◆◆◆

粟餅は古来より米の餅と同様に作られてきたが、江戸時代になると菓子として食べられるようになり、各地の盛り場などに店が立つようになった。

 

 

 

これらの粟餅店は、葦簀(すだれ)張りでその場で粟餅を炊きつきあげるものが多く、つきたての餅に人気が集まった。とくに江戸の目黒不動や京都の北野天満宮の門前のものが有名であった。

 

 

 

江戸時代末期の記録として、つきあがりを一握りつかむと指の間で全く同じ大きさの4つの団子にし、1間ほど離れたきな粉の盆に投げ入れ、できた片端から盆に盛り、または竹の皮に包んで客に食わせる、というパフォーマンスで人気を博したという。

 

 

粟餅を売る夫婦

粟餅を売る夫婦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

このパフォーマンスは、たちまち評判を呼び、歌舞伎や常磐津節の演目にもなった。

 

 

 

特に常磐津の演目として名高い『粟餅』は、この粟餅屋を舞台としたものである。

 

杵造とおうす

杵造とおうす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

現在でも各地で粟餅は作られているが、食生活の変化により、粟の生産が減少するにつれて粟の入手が困難になり、生産される粟も高級化を目指した品質のよいものとなっている。

 

 

粟餅

粟餅

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役は、杵造おうすの夫婦です。

 

 

杵造の衣装は、鮮やかな紫色の着物です。こちらの着物には、銀色のかすり模様がデザインされています。

 

そして片袖は、赤い着物に早変わりしています。こちらの着物には、金銀の草花が描かれています。

 

 

頭には、水色の帽子を被っています。

 

 

 

 

一方、おうすの衣装は、ピンク色のストライプ柄の着物です。赤と薄紫色の線がデザインされています。

 

 

そして片袖は、赤色の着物に早変わりしてにいます。こちらの衣装にも、金銀の草花が描かれています。

 

 

帯は、黒・赤・オレンジとなっています。

 

 

杵造とおうす

杵造とおうす

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

二人は、粟餅と書かれた団扇を持ち、江戸の中心街で粟餅を売っています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、江戸の中心街をイメージしたものになっています。

 

 

今回の演目が、江戸の街中で粟餅を売る夫婦の物語なので、背景は、東京の中心部にある《渋谷109》を描きました(笑)

 

 

建物の上部に、ピンク色の文字で、109と書かれていますね。

 

 

 

そして、黄色い流れる雲と桜も咲いています。黄色い雲には、青海波せいがいはの模様をイメージしました。

 

 

 

 

さらに、杵造おうすツバメの夫婦に見立てて、東京の街中を飛んでいる場面を表現しました。

 

 

粟餅

粟餅

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

江戸の中心街で粟餅を売る夫婦を、東京の中心街に当たる渋谷109の前で楽しく踊るという、江戸時代と現代を合体させた表現で描きました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『粟餅』を紹介しました😊

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/9/24

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    秋色種

    2022/9/15

    秋色種

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ