歌舞伎絵

神霊矢口渡

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

神霊矢口渡

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・『神霊矢口渡しんれい やぐちのわたしです。

 

 

 

今日の絵は、お舟おふねという若い女性が主役です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
神霊矢口渡
(しんれい やぐちのわたし)

お舟と雷神

お舟と雷神

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

時代物。全5段。

蘭学者・科学者として活躍した平賀源内が、福内鬼外ふくうちきがいの筆名で書いた浄瑠璃の代表作である。

 

 

1770年(明和7)1月、江戸・外記座(げきざ)で初演。

 

 

 

太平記』を原拠に、新田義貞(にったよしさだ)遺族の事跡を脚色した作品。

 

神霊矢口渡

神霊矢口渡

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

中心は今も矢口渡(東京都大田区)に伝わる、新田明神の縁起を描いた四段目『頓兵衛内(とんべえうち)で、歌舞伎でも多く上演されている。通称『矢口渡』。

 

 

 

 

◇◇◇

旅人ゆきかう玉川たまがわの矢口の渡し。

 

 

お舟

お舟

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

その渡守(わたしもり)頓兵衛とんべえ)は、とんでもない悪党であった。

 

 

 

高額の賞金目当てに、足利政権の政敵、新田義興にったよしおきを船上で殺害。その賞金で贅沢に暮らしながら、次なる獲物を待ち受けていた。

 

 

 

そして、彼の留守に、その獲物、義興の弟・義峰よしみねが恋人を連れて渡し場に到着する。

 

 

 

この男に、頓兵衛の一人娘・お舟おふねが一目惚れしてしまう。

 

 

お舟

お舟

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

「何とかこの男を助けてやりたい。」

 

 

大切な思いでいっぱいのお舟は、後先かまわず彼らを逃がす。

 

 

義峰を逃がすお舟

義峰を逃がすお舟

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

だが、そうとは知らぬ頓兵衛が、暗がりで義峰と思って刺し殺すと、それは身代わりとなった我が娘。

 

 

 

しかし、頓兵衛は後悔するどころか、ケダモノのように荒れ狂い、傷ついた娘を責め立て、義峰の行方を追って飛び出していく。

 

 

 

お舟は失恋の絶望の淵に沈みながらも、流れる血潮を拭いもせず、櫓(やぐら)に駆け上がって太鼓を鳴らす。

 

 

お舟は太鼓を叩く

お舟は太鼓を叩く

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

それは男を逃がすための、偽りの合図の音だった・・・。

 

 

 

その頓兵衛たちは、義興の神霊によって殺される。

 

 

そして、新田神社建立の大団円で幕となる。

 

 

神霊矢口渡

神霊矢口渡

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

お舟の衣装は、薄い紫色のストライプ柄です。

 

 

そして衣装の早変わりで、上半身は赤い振袖になります。赤い振袖には、季節の草花や川が描かれています。

 

帯は赤と黒で統一されています。

 

 

お舟

お舟

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

お舟は、自分の髪の毛を持ち、義峰への想いを募らせています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

そして背景は、多摩川が流れています。さらに、雷神らいじんが黒雲を出して雷を放っています。

 

 

 

舞台の終盤に、お舟が櫓(やぐら)に駆け上がって、太鼓を鳴らし、好きな男を逃がす場面があります。

 

 

 

今回は、そのお舟が男を思い、太鼓を鳴らす情念の場面を、雷神様で表現しました。

 

 

 

雷神は紫色の雲に乗り、たくさんの太鼓を背負って、どこかを睨み付けています。

 

 

 

雷神の身体からは、金色の稲妻がたくさん流れています。

 

 

神霊矢口渡

神霊矢口渡

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

お舟の、心の内に秘める情念を表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎狂言・『神霊矢口渡』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ