歌舞伎絵

相生獅子

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

相生獅子

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『相生獅子』(あいおいじし)です。

 

 

今日の絵は、獅子になった女性が二人登場します。

 

二人のお姫様が獅子となって踊る、キレイな舞踊です。

 

 

牡丹の花が咲き乱れる中、赤と白の女性の獅子が狂い踊る様を描きました。

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

演目名

 

歌舞伎舞踊
相生獅子
(あいおいじし)

 

相生獅子

相生獅子

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄。享保19年、江戸中村座初演。

 

本名題、『風流相生獅子(ふうりゅう あいおいじし)。

 

 

勇壮な獅子を題材にした、"石橋物"(しゃっきょうもの)の中で最古の作品。

 

 

 

初演のときには、浅間物の一部として演じられていた。

 

 

初代・瀬川菊之丞演じる傾城奥州が、悪人に殺されてのち、その恋人の夢の中に亡霊としてあらわれ、そこで石橋の所作を踊るという内容のものであった。

 

 

しかし初演の時の振付けは絶え、現行のものは日本舞踊の各流派で新たに振り付けされたものである。

 

 

初代菊之丞が踊った時には、傾城姿であったが、振袖の姫の姿の場合と、傾城姿の二通りがある。

 

 

相生獅子

相生獅子

 

 

 

 

◇◇◇

大名家の座敷。

 

 

二人のが、優雅な姿を見せて四季折々の様子や、恋に迷う女心を艶やかに舞う。

 

 

二人の姫

二人の姫

 

 

 

そして、紅と白の獅子頭を手に踊るうち、蝶を追っていずくともなく姿を消す。

 

 

 

両手に持った紅白の獅子頭の踊りになり、差金の蝶を追って引っ込む。

 

 

 

 

やがて二人のは、獅子の精となって現れる。

 

獅子となって現れた二人の姫

獅子となって現れた二人の姫

 

 

 

一人は白い毛に鈴の付いた扇獅子を頭につけ、またもう一人は赤い毛に鈴の付いた扇獅子をつけた獅子の姿。

 

 

白い獅子となった姫

白い獅子となった姫

 

 

赤い獅子となった姫

赤い獅子となった姫

 

 

 

紅白の牡丹の枝を持って、石橋の上に立つ。

 

 

 

牡丹が咲き乱れる中、百獣の王である獅子の狂いを見せるのであった。

 

 

 

石橋の上でキっと見得を切り、幕となる。

 

 

獅子となり狂い踊る二人の姫

獅子となり狂い踊る二人の姫

 

 

 

四天のカラミを出して、立廻りを派手に見せる演出もある。

 

 

新年の幕開けに相応しい優美で、上品な女方の獅子の舞いである。

 

 

 

相生獅子

相生獅子

 

 

衣装メモ

 

主役である二人のお姫様は、それぞれ白い振袖と赤い振袖姿です。

 

 

どちらの振袖にも、水色・オレンジ・紫・ピンクの牡丹の花が描かれています。

 

 

そして、上半身は早変わりをして、薄いピンク色の振袖に変わっています。

 

 

このピンク色の振袖には、獅子の模様である、『毛卍紋』(けまんもん)です。

 

毛卍紋は獅子舞の模様にもなっていますね。

 

 

 

二人は、それぞれ白い髪の毛と赤い髪の毛で、頭には扇獅子おうぎじし)と呼ばれるものを乗せています。

 

 

相生獅子

相生獅子

 

赤い獅子は、右手に赤い牡丹の枝を持っています。

 

 

二人のは、獅子となり、狂いの舞を見せているところです。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

二人のお姫様の後ろは、座敷のふすま)です。金色の襖になっていますね。

 

 

襖の前には、赤と白の牡丹が咲き乱れています。

 

この牡丹の花が一番時間が掛かりました(笑)

 

 

そして襖の上には、蝶が描かれています。

 

 

 

今回は、女性の獅子・牡丹・蝶の三つが、優雅に見えるように表現しました😊

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ