1. HOME >
  2. こま >

独楽

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・独楽(こま)です。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、独楽売りの男性が独楽になるという、楽しい舞踊です。

 

登場人物は、独楽売萬作こまうり まんさく一人です。

スポンサード・リンク

 

今回は、萬作を演じる女性をイメージして描きました。

そして、実際の歌舞伎舞踊の姿の萬作も同じ紙に描きました。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
独楽
(こま)

スポンサード・リンク
独楽売萬作と萬作を演じる女性

独楽売萬作と萬作を演じる女性

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●常磐津

●初演:昭和3年9月、東京歌舞伎座

●作詞:木村富子

●作曲:三世常磐津文字兵衛

●振付:二世花柳寿輔

●二世市川猿之助初演

 

浅草寺[せんそうじ]の境内の独楽売りが、独楽の由来を語り、独楽を使う振りを踊ると、 いつしか独楽売りが独楽そのものに変身してしいまうという内容。

スポンサード・リンク
独楽

独楽

(※クリックすると画像が拡大します)

 

江戸の風俗を舞踊化した演目だが、独楽売りが独楽に変身するという独特の発想が親しまれ、 今日では歌舞伎のみならず、多くの日本舞踊流派で踊られている。

スポンサード・リンク

 

 

初代市川猿之助が踊ったものを、二代目市川猿之助(=猿翁えんおう)が上演しようとしたところ、台本・曲が紛失して見つからず、 新作した、といわれている。

猿翁十種の一つ、独楽

猿翁十種の一つ、独楽

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

猿翁十種えんおうじっしゅの一つとなっている演目である。

 

 

◇◇◇
舞台は浅草雷門。

スポンサード・リンク

 

幕が開くと、まず置き唄で澤瀉(おもだか)の屋号(※市川猿之助の屋号)を織り込んだ唄となり、揚幕花道より独楽売萬作こまうり まんさくが登場する。

独楽売萬作

独楽売萬作

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

萬作を演じる女性

萬作を演じる女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

語りだしは「賑わいは花の東の浅草寺」

スポンサード・リンク

花道から登場の独楽売りは、
「使う品は大独楽小独楽」

 

との売り声で、
「回らば回れ門札も」

スポンサード・リンク

 

との”回るもの尽くし”で踊る。

踊る独楽売り

踊る独楽売り

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

「そのその独楽の始まりは」と、舞台で売り物の口上を踊り始める。

 

独楽のはじまりの物語を語り終えると、独楽を回す踊りが続く。

スポンサード・リンク
踊り始める萬作

踊り始める萬作

(※クリックすると画像が拡大します)

 

その後、廓遊び・百回りを踊りながら衣裳を引き抜き、ついには萬作自身が独楽になってしまう。

スポンサード・リンク
独楽となった萬作は踊る

独楽となった萬作は踊る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

独楽になった萬作はぐるぐると廻り始め、最後には舞台一面の抜き身の刀で、刃渡りを見せ百廻りにて幕となる。

スポンサード・リンク
独楽

独楽

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

萬作を演じている女の子は、カラフルな独楽をイメージした衣装になっています。

スポンサード・リンク

衣装は、水玉・ピンク・白・黄色・赤で統一されています。

そして赤い部分に、渦巻きの模様も付いています。

スポンサード・リンク
萬作を演じる女の子

萬作を演じる女の子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

長い黒髪の頭には、ピンクの花や金色の飾りが輝いています。

スポンサード・リンク

両手を広げて、独楽になりきっていますね。

 

萬作を演じる女の子

萬作を演じる女の子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

●一方、萬作の衣装は、紫色の着物から独楽の衣装に早変わりするところです。

衣装は、赤・白・黄色・黄緑で統一されています。

スポンサード・リンク
萬作

萬作

(※クリックすると画像が拡大します)

 

萬作は右足を上げて、見得を切っています。

スポンサード・リンク

 

二人はこまとなり、クルクルと回転しながら踊っています。

踊る独楽売り

踊る独楽売り

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

●背景は、タイトルのまま、こまです(笑)

 

いろんな色のこまが、向きを変えながら回っているところです。

スポンサード・リンク

こまは7つ描きました。

 

独楽と萬作

独楽と萬作

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そして、こまの周りに紐が流れています。

これは、こまを廻す紐です。

スポンサード・リンク

 

この紐が、たくさんのこまを廻しているところを表現しました。

 

さらに、こまが回っているところを、たくさんの渦巻きで表現しました。

スポンサード・リンク

渦巻きは不規則に描きました。

 

 

そして、女の子が演じているところにも小さなこまが回っています。

スポンサード・リンク

 

舞台の下にも、渦巻きが描きました。

 

全体的に、二人と7つのこまが一緒に回っているところを表現しています。

スポンサード・リンク
独楽

独楽

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回の絵は、とても楽しく描けました。

スポンサード・リンク

こまだけ、少し時間が掛かりましたね(笑)

 

全体的に、明るい色になりました。

スポンサード・リンク

 

今回は、歌舞伎舞踊・独楽を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ