1. HOME >
  2. カップル >

狐と笛吹き

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・狐と笛吹ききつねとふえふきです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、雅楽奏者の男性と、狐の女性が恋に落ちる物語です。

登場人物は、笛の奏者である春方はるかたと、ともねという女性です。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎狂言
狐と笛吹き
(きつねとふえふき)

スポンサード・リンク
春方とともね

春方とともね

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●初演:昭和27年7月、歌舞伎座

●作:北條秀司

 

◇◇◇

スポンサード・リンク

最愛の妻まろやを失い悲嘆にくれる楽人・春方はるかたの前に、まろやに生き写しのともねが現れる。

春方

春方

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

ともねは、まろや春方に笛の道を極めることを願い、毎夜寄り添って琴を弾きに来てくれていると励ます。

ともね

ともね

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

季節が移ろい、春方の館に、まろやの面影として仕えるともねの姿があった。

 

 

春方が笛の名手として再起したことを喜ぶ一方、ともねは面影としてでなく、ともねとして愛されたいと心の内を明かす。

スポンサード・リンク
お互いに惹かれ合う

お互いに惹かれ合う

(※クリックすると画像が拡大します)

 

春方は、夫婦になろうと申し出るが、ともねは受け入れず、重大な秘密を打ち明ける。

スポンサード・リンク

 

実はともねは、かつて春方により命を救われた狐で、人間と契りを交わせば死んでしまうと告げる。

狐である事を明かすともね

狐である事を明かすともね

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

ある日、楽人最高の栄誉である、節会の笛師の選にもれ、気慰みに酩酊した春方は、愛するともねに契りを交わしたいと心の内を吐露し、死ぬなら一緒に死ぬと、ともねを抱き寄せる。

 

その夜、ついに戒(いましめ)を破る。

スポンサード・リンク
二人は結ばれる

二人は結ばれる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

夜が明け、春方は小さな狐の遺骸を見つけ抱き上げると、琵琶湖へ向かって歩き出すのだった。

スポンサード・リンク
狐と笛吹き

狐と笛吹き

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

春方の衣装は、白地の狩衣(かりぎぬ)という衣装で、銀色の格子模様に紫の家紋がデザインされています。

スポンサード・リンク

下は、紺色の指貫(さしぬき)と呼ばれる袴のような姿です。

指貫には、金銀の家紋がデザインされています。

スポンサード・リンク

 

そして頭には、黒い縦烏帽子(たてえぼし)を被っています。

 

春方は、ちょうど笛を吹いているところです。

スポンサード・リンク
春方

春方

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

●一方、ともねは、ピンク色の(うちき)と呼ばれる衣装を着ています。

スポンサード・リンク

こちらは、カラフルな模様がたくさん入っています。青・水色・黄色・赤・オレンジの家紋がデザインされています。

金色の葉っぱの模様も描かれています。

スポンサード・リンク
ともね

ともね

(※クリックすると画像が拡大します)

 

春方ともねは、赤い階段で座っているところです。

スポンサード・リンク
春方とともね

春方とともね

(※クリックすると画像が拡大します)

 

笛を吹く春方、笛の音を聞いているともねです。

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

●背景は、全体が夜になっています。小さな星がたくさん出ています。

そして夜なので、三日月も見えていますね。

スポンサード・リンク

 

そして、三日月から音符が出ています。

和風の黄色い雲も音符になっています。

スポンサード・リンク

 

そして、たくさんの音符が広がっています。

これは、春方が吹く笛の音を表現しました。

スポンサード・リンク

 

春方ともねの周りにも音符が広がっています。

 

さらに、一匹の狐が座っています。実はこの狐は、ともねなんです(笑)

スポンサード・リンク

 

ともねの正体が実は狐で、春方が吹く笛の音を聞いているところですね。

春方の笛の笛に聞き入っているともねを、人間と狐で表現しました。

スポンサード・リンク
狐と笛吹き

狐と笛吹き

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回は、音符と星の部分が少し時間が掛かりました(笑)

スポンサード・リンク

いつもの恋愛話と違って、人間と狐の恋愛物語だったので、思い切り発想を飛ばせました。

 

春方ともねは、きっと幸せに暮らしていると想います。

スポンサード・リンク

 

 

今回は、歌舞伎狂言・狐と笛吹きを紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    元禄花見踊

    2022/3/28

    元禄花見踊

    ご訪問ありがとうございます✨   絵師ひでまさです😊     スポンサード・リンク 本日もご# ...

    続きを読む

    京人形

    2022/3/21

    京人形

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    幻お七

    2022/3/18

    幻お七

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ