1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

海神別荘

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、シネマ歌舞伎・海神別荘かいじんべっそうです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、坂東玉三郎さんと市川海老蔵さんが演じた歌舞伎です。

 

主役は、玉三郎さん演じる地上の美女と、海老蔵さん演じる宮殿の公子こうしです。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

シネマ歌舞伎
海神別荘
(かいじんべっそう)

スポンサード・リンク
美女と公子

美女と公子

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●初演:1955年(昭和30年)、歌舞伎座にて新派によって初演。

●作:泉鏡花

芥川比呂志坂東玉三郎ら、鏡花を愛する演劇人の演出により再演が重ねられた。特に玉三郎自身、市川海老蔵(11代目)と度々共演するなど、鏡花作品の演出・主演に積極的に取り組み、この作品を夜叉ヶ池天守物語と共に、泉鏡花三部作とみなし度々上演している。

スポンサード・リンク

 

海底にある宮殿・琅玕殿(ろうかんでん)公子と、地上の美女の恋を描いた物語。

玉三郎と海老蔵

玉三郎と海老蔵

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

水底の宮殿を舞台にした、幻想味あふれる泉鏡花の作品に、坂東玉三郎が演出。

伴奏音楽にハープを用いて、より幻想味を高めているところが坂東玉三郎演出の特色である。

スポンサード・リンク

 

主演、坂東玉三郎・市川海老蔵

 

海神別荘

海神別荘

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

◇◇◇

遥か海底にある、宮殿の琅玕殿(ろうかんでん)

スポンサード・リンク

 

その琅玕殿公子こうしのもとへ、地上の美女が、公子に仕える女や黒潮の騎士たちに伴われて、輿入れのために向かっている。

地上の美女

地上の美女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

公子は博士や沖の僧都とさまざまに語り合いながらこの様子を眺め、その美しい姿に嘆息するのであった。

公子

公子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

まもなく美女が宮殿に到着し、公子美女と対面するとやさしい言葉をかけて、桃の露と呼ばれる美酒でもてなす。

 

地上の美女をもてなす公子

地上の美女をもてなす公子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

世にも稀なる美酒で喉を潤わした美女は、公子にその幸福感を語るものの、いつまでも地上の未練を訴える。

地上の未練を訴える美女

地上の未練を訴える美女

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

すると公子はもはや美女が人間ではないことを明かし、美しい蛇になったと告げる。

 

この話を聞いた美女は深く悲しむので、公子は次第に怒りを顕わにし、ついには臣下に命じて美女を斬ろうとする。

スポンサード・リンク
美女を斬ろうとする公子

美女を斬ろうとする公子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

すると美女は、できるなら公子の手にかかって死にたいと切望し、公子もためらうことなく美女に剣を向ける。

スポンサード・リンク

 

公子に抱かれる美女

公子に抱かれる美女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ところがその刹那の公子の表情を見て、美女はようやく心を通わせ、公子の腕に抱かれるのであった。

スポンサード・リンク
海神別荘

海神別荘

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

地上の美女公子は、共に白地に銀色と黄色の模様が入った衣装を着ています。そして肩の部分には、金色の模様がデザインされています。とても豪華な衣装です。

スポンサード・リンク

どちらも同じデザインになっています。これはもう、打掛ではなくドレスですね(笑)

 

公子は長い髪、地上の美女は頭に金銀の飾りをのせています。

スポンサード・リンク

いつもとは、全然違う雰囲気の衣装になっています。

 

地上と美女と公子

地上の美女と公子

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

今回の表現ポイント

●そして、海底にある宮殿が舞台なので、背景はピンク系の宮殿をイメージして描きました。

 

二人の奥にあるのは、玉座(ぎょくざ)です。ピンク色のカーテンに、中は白いカーテンです。下には階段があります。

スポンサード・リンク

そして奥の両サイドには、宮殿の柱も見えています。柱の手前にあるのは、唐団扇(とううちわ)と呼ばれるものです。

 

壁にも床にもキラキラマークが光っています。

スポンサード・リンク

 

さらに階段の手前の部分は、ピンク色の市松模様のタイルになっています。

海神別荘

海神別荘

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

全体的に、洋風の衣装と背景で統一して表現しました。

 

今回は、シネマ歌舞伎・海神別荘を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    元禄花見踊

    2022/3/28

    元禄花見踊

    ご訪問ありがとうございます✨   絵師ひでまさです😊     スポンサード・リンク 本日もご# ...

    続きを読む

    京人形

    2022/3/21

    京人形

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    幻お七

    2022/3/18

    幻お七

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ