1. HOME >
  2. キラキラ系 >

栴檀女道行

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・栴檀女道行せんだんじょ みちゆきです。

 

今日の絵は、小睦こむつという女性が主役の歌舞伎舞踊劇です。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
栴檀女道行
(せんだんじょ みちゆき)

小睦と黒子

小睦と黒子

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●初演:昭和52年8月、国立大劇場

●作:近松門左衛門原、二代目・市川猿翁

●作詞:田中傳左衛門

●作曲:竹本源大夫・鶴澤清治

●振付:藤間勘十郎

この栴檀女道行は、三代目・市川猿之助(二代目・市川猿翁)が、初世・藤間紫の為に作り上げた作品である。

 

昭和52年8月に、国立大劇場で開催された、初世・藤間紫による舞踊公演藤紫会の大喜利の演目として藤間紫の小睦、中村東蔵(紫の実弟)の栴檀皇女で初演された。

小睦

小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

近松門左衛門作の歌舞伎狂言・国性爺合戦こくせんやかっせん四段目をもとに三代目・猿之助が構成し、勇ましい小睦の戦物語を軸にした重厚な作品。

栴檀女道行

栴檀女道行

(※クリックすると画像が拡大します)

 

◇◇◇

日本に残り、栴檀皇女(せんだんこうじょ)を守る和藤内(わとうない)の妻・小睦(こむつ)は、夫に負けず自らも功を立てようと武術の修練を怠らない。

小睦

小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

暫くして、夫・和藤内が今は国性爺鄭成功(こくせんや ていせいこう)と名乗り、大明国の将軍として活躍しているとの噂を聞く。

こうしてはいられないと、小睦栴檀皇女と共に大明国へ渡る。

大明国へ渡る小睦

大明国へ渡る小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

小睦が日ごろ参詣する住吉明神の加護を享け、無事に唐土松江(ずんこう)の浜に辿り着いた二人。

松江の浜に辿り着く

松江の浜に辿り着く

(※クリックすると画像が拡大します)

 

小睦栴檀皇女を守護する為、若衆姿の男装をしている。

男装姿の小睦

男装姿の小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

韃靼王(だったんおう)の勢いに不安を覚える栴檀皇女に、小睦は暁の夢にありありと見た、和藤内の合戦の模様を語って聞かせる。

合戦の模様を語る小睦

合戦の模様を語る小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

これぞ戦の大吉兆と栴檀皇女を励まし、和藤内の陣所へ急ぐのであった。

栴檀女道行

栴檀女道行

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

●主役である小睦の衣装は、黒と赤の着物を着ています。

いつも描く、着物や振袖と違って、今回の衣装は雰囲気が違います。この着物は、男性用の着物です。

そして上半身は、白と赤の着物に早変わりしています。白地の着物には、波しぶきや貝などが描かれています。

小睦

小睦

(※クリックすると画像が拡大します)

 

赤い着物には、家紋が描かれています。
袖の部分は、青色になっています。

小睦は、男装をして踊っているところです。

手には、唐団扇とううちわを持ち、見得を切っています。

 

そして今回は、久しぶりに舞台の裏方さんを描きました。

小睦の後ろには、黒子が衣装の早変わりを行ったところです。黒子は、小睦の黒い衣装の袖を持ち上げ、広げています。

小睦と黒子

小睦と黒子

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●背景は、海が見えています。

そして、海の向こう側には、お城が見えています。

このお城は、日本のお城ではなく、外国のお城を描きました。そして、紫色のシルエットで表現しました。

背景は洋風のお城と三日月

背景は洋風のお城と三日月

(※クリックすると画像が拡大します)

 

さらに、お城の横には、飾りをたくさん付けた三日月が輝いています。

お城三日月も、キラキラと輝いています。

そして、小睦黒子がいる足元には、雲が流れています。

栴檀女道行

栴檀女道行

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回は、お城の下描きだけが大変でした。

あとは、小睦の黒い衣装と、黒子の衣装が同じ黒にならないように気を付けました。

そして、主役の小睦が一番引き立つように描きました😊

 

今回は、歌舞伎舞踊・栴檀女道行を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    国訛嫩笈摺

    2023/1/17

    国訛嫩笈摺

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蝶の道行

    2022/12/26

    蝶の道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    悪太郎

    2022/12/18

    悪太郎

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    お夏狂乱

    2022/12/15

    お夏狂乱

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む

    玉兎

    2022/12/14

    玉兎

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いӖ ...

    続きを読む



    © 2023 絵師・hidemasaのホームページ