創作歌舞伎絵 夫婦 歌舞伎絵 流星 海賊

恋湊博多諷

  1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

恋湊博多諷

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・恋湊博多諷こいみなと はかたのひとふしです。

スポンサード・リンク

 

 

 

今日の絵は、若い夫婦が、海賊の悪党一味に加わってしまうという話です。

 

 

主役は、惣七そうしち小女郎こじょろう夫婦です。

スポンサード・リンク

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
恋湊博多諷
(こいみなと はかたのひとふし)

スポンサード・リンク
惣七と小女郎 上に毛剃九右衛門

惣七と小女郎
上に毛剃九右衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

●天保11年、8月江戸・中村座初演。

●作:本屋宗七

●通称:毛剃

近年では恋湊博多諷こいみなと はかたのひとふし、ときには原題の博多小女郎波枕はかたこじょろう なみまくらで上演されることが多い。

スポンサード・リンク

 

 

◇◇◇

京の商人、小松屋惣七こまつやそうしちは、博多柳町奥田屋の遊女、小女郎こじょろうと馴染みになる。

スポンサード・リンク

 

惣七

惣七

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

小女郎

小女郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

惣七は、身請けの金を懐に博多へと帰る途中、海賊の毛剃九右衛門けぞりくえもんの船に乗り合わせる。

 

毛剃九右衛門

毛剃九右衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

しかし、抜け荷の商いを目撃したことから、惣七は海中に投げ込まれてしまう。

 

 

伝馬船に助けられたものの、哀れ惣七は無一文。小女郎恋しさに奥田屋へたどり着くが、もはや身請けはままならない。

スポンサード・リンク

 

 

折しも毛剃一味が奥田屋へ上がり、大尽遊びと真っ最中。

毛剃一味は大宴会の真っ最中

毛剃一味は大宴会の真っ最中

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

急場を凌ぐべく、小女郎毛剃に金を借りようとする。
小女郎にぞっこんの毛剃は、快く承諾する。

 

 

承諾する毛剃

承諾する毛剃

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

だが、その情人が秘密を握った惣七と知り、小女郎と添わせてやるのを条件に、仲間入りをすすめる。

 

ついに惣七毛剃一味に加わってしまう。

スポンサード・リンク

 

惣七は海賊一味に加わってしまう

惣七は海賊一味に加わってしまう

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

惣七の父、惣左衛門(そうざえもん)は、悪事に走った息子の戒め(いましめ)に、二人の留守中に京都心清町の所帯を訪れ、家具調度一切を売り払ってしまう。

スポンサード・リンク

 

手が廻ったかとうろたえる惣七夫婦

 

惣七夫婦

惣七夫婦

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

そこへ毛剃が現れ、惣七の裏切りと誤解、預けた割符を返せと迫るが、惣左衛門は物陰から割符を差し出し、毛剃が納得して去った後、二人に路銀(ろぎん)を投げ与える。

 

 

親の慈悲に涙して落ちて行く二人。

スポンサード・リンク

 

二人は逃げてゆく

二人は逃げてゆく

(※クリックすると画像が拡大します)

 

しかし、毛剃一味は捕らえられ、追い詰められた惣七夫婦も、四日市にほど近い追分宿までは落ちのびたが、もはやこれまでと惣七は自害する。

スポンサード・リンク

 

自害する惣七

自害する惣七

(※クリックすると画像が拡大します)

 

ただひとり残された小女郎は、亡骸に取りすがって、いつまでも泣き伏しているのであった。

スポンサード・リンク

 

 

恋湊博多諷

恋湊博多諷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

衣装メモ

惣七の衣装は、薄紫色の着物です。細かい薄紫色の線がデザインされています。肩の部分には、紫色に銀色の枝模様がデザインされています。

スポンサード・リンク

帯は青色です。

 

そして、刀を差しています。

スポンサード・リンク

 

惣七毛剃一味に加わっれしまったため、どこか浮かない表情をしています。

 

惣七

惣七

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

小女郎は、赤い着物にピンクのストライプ模様が入った衣装です。肩の部分には赤に銀色の紅葉が描かれています。

そして、襟元は、青色になっています。

スポンサード・リンク

 

頭には、鼈甲櫛べっこうくしをさしています。

 

小女郎

小女郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

小女郎惣七に、打掛を羽織らせているところです。

 

惣七と小女郎

惣七と小女郎

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

今回の表現ポイント

●背景は、下半分が二人の家の部屋をイメージして描きました。

 

下は畳、そしてテレビやタンス、電気スタンドもあります。

スポンサード・リンク

 

 

そして上半分が、海賊のボス、毛剃九右衛門けぞりくえもんです。

 

毛剃九右衛門

毛剃九右衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

船の先に立ち、目をキッと見開き、海を見渡して見得を切っている場面です。

 

九右衛門の衣装は、普通の歌舞伎の衣装と比べ変わっています。

スポンサード・リンク

蝦夷錦(えぞにしき)唐装束(からしょうぞく)と呼ばれる衣装を身にまとっています。紺色が主体の衣装に、金色の龍がデザインされています。

 

九右衛門は茶色い頭に、茶色い髭を蓄えています。

スポンサード・リンク

 

 

そして空には、満月が出ています。そして、たくさんの星が出ています。

 

さらに、流れ星が流れているところです。

スポンサード・リンク

 

恋湊博多諷

恋湊博多諷

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

若い夫婦の部屋の中と、海を見渡す海賊の九右衛門の場面を一枚の紙に表現しました。

スポンサード・リンク

 

 

今回は、歌舞伎狂言・恋湊博多諷を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ