創作歌舞伎絵 古典歌舞伎絵 歌舞伎絵 母子 母子の別れ

恋女房染分手綱

  1. HOME >
  2. 創作歌舞伎絵 >

恋女房染分手綱

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・恋女房染分手綱こいにょうぼう そめわけたづなです。

 

 

今日の絵は、母子の別れの場面です。

 

 

 

重の井しげのいという女性と三吉さんきちという男の子が主役です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
恋女房染分手綱
(こいにょうぼう そめわけたづな)

重の井と三吉

重の井と三吉

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

●1751年(寛延4)2月大坂・竹本座初演。

●浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。全13段。

●吉田冠子(かんし)・三好松洛(みよししょうらく)合作。

●通称:重の井子別れしげのいこわかれ

 

 

 

俗謡で有名な馬士(まご)丹波与作(たんばよさく)と宿場女・関の小万(せきのこまん)の恋を描いた、近松門左衛門作丹波与作待夜の小室節たんばのよさく まつよのこむろぶしを改作した作品。

 

 

 

全十三段からなる時代物であるが、このうち十段目にあたる道中双六重の井子別れが今日まで舞台に残り、よく上演される。

 

 

重の井と三吉

重の井と三吉

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

丹波の大名、由留木(ゆるぎ)家の息女・調姫しらべひめは親の約束により入間家へ嫁入りすることとなり、乳母の重の井しげのい達をお供に東海道を下っていく。

 

 

重の井

重の井

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

水口の宿にやってきたとき入間家の家老・本田弥惣左衛門が東からの出迎えにきたが、幼い

 

「東へ行くのはいやじゃ」

 

と駄々をこね始め出発できない。

 

 

 

一同が困り果てているところへ、門前で馬子が道中双六(すごろく)という面白い遊びをしているとの知らせが入り、馬方の三吉を御前へ呼び入れる。

 

 

三吉

三吉

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

一人取り残された三吉のところへ重の井が褒美の菓子を持って現れるが、三吉は重の井の実子与之助よのすけであることがわかる。

 

 

嬉しい再会のはずだが・・・

嬉しい再会のはずだが・・・

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

重の井は意図せぬ再会に胸迫るが、調姫の乳母という大事な役目であり、への忠義と母としての情愛との板挟みになり、心は千々に乱れてしまう。

 

重の井と三吉

重の井と三吉

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

心を鬼にして親子の名乗りを拒む重の井だが、我が子を思いやる気持ちも消す事が出来ない。

 

号泣する重の井

号泣する重の井

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

しかしそんな重の井のいたわりに対して三吉は、

 

 

「母さんでもない人に、金貰うはずもない」

 

と与えられた金子を投げ返して泣きじゃくる。

 

号泣する二人

号泣する二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そんな折り、姫君の出立の用意が調い、三吉は馬子唄を謡いながら名乗りの許されぬ母を見返りつつ去り、重の井は身を切られるような想いで我が子の姿をじっと見送るのだった。

 

 

恋女房染分手綱

恋女房染分手綱

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である重の井の衣装は、黒の打掛に金の刺繍がしてあります。

菊の花や銀杏が描かれています。

 

 

中は赤一色の打掛です。

 

帯は、金色に銀の刺繍が施されています。

 

重の井は、三吉が自分の子供だと分かり、自分が母親だと名乗りたいのですが、仕事上どうしても名乗れません。

 

 

三吉の元気そうな姿を見て、号泣しています。

 

重の井

重の井

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

一方、三吉は、水色の衣装にほっかむりをしています。お腹には三の文字が見えています。

 

 

三吉重の井が自分の母親と気付き、重の井にすがっています。

 

三吉

三吉

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景はピンク色の背景色に、黄色い雲が流れています。

 

 

 

そして、母子の別れの内容なので、重の井三吉の別れの場面を今風に描きました。

 

 

重の井は白のワンピース姿、三吉幼稚園児の姿で表現しました。

 

 

 

そして左側には、重の井が生まれたばかりの三吉を抱いている場面をシルエットで表現しました。

 

 

さらに、雫の雨がたくさん振っています。

これは、です。

 

重の井三吉が号泣しているところを、雫の雨で表現しました。

 

 

 

恋女房染分手綱

恋女房染分手綱

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

母子の再会と別れの場面を、歌舞伎の姿と現代風の姿で表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎狂言・恋女房染分手綱を紹介しました😊

 

 

 

●こちらもオススメ

母子をテーマにした作品

 

 

❤『賤機帯』❤
(しずはたおび)

賤機帯

この作品の記事を読む

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    関の小万

    2022/6/28

    関の小万

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    珠取海女

    2022/6/27

    珠取海女

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    楊貴妃

    2022/6/22

    楊貴妃

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ