1. HOME >
  2. パラソル >

女伊達

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・女伊達おんなだてです。

スポンサード・リンク

 

主役は、女伊達お菊おきくです。

今回は、主役のお菊を二人で表現しました。

スポンサード・リンク

そして、過去に描いた女伊達のイラストも今回登場します。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

スポンサード・リンク

 

演目名

歌舞伎舞踊
女伊達
(おんなだて)

女伊達・お菊

女伊達・お菊

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

あらすじ

●長唄。

●初演:文化6年、江戸中村座

●作詞:不詳

●作曲:九世杵屋六左衛門

●本名題、邯鄲園菊蝶かんたん そののきくちょう

 

五変化舞踊の一つで、夏の景をもとにした一幕。

華やかな所作ダテの長唄舞踊となっている。

スポンサード・リンク
女伊達

女伊達

(※クリックすると画像が拡大します)

 

江戸時代、仁義に厚く、弱い庶民を守るために、悪い者をこらしめる侠客(きょうかく)という人々がいた。

スポンサード・リンク
女伊達

女伊達

(※クリックすると画像が拡大します)

 

女伊達

女伊達

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

男の侠客を男伊達(おとこだて)、女の侠客を女伊達(おんなだて)といった。

 

 

◇◇◇
舞台は新吉原の仲之町。

スポンサード・リンク

 

桜が満開の華やいだ街に、尺八を差した美貌の女伊達お菊が、喧嘩相手の男伊達をあしらいながら、颯爽と登場する。

 

女伊達のお菊

女伊達のお菊

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

お菊は、挑みかかる二人の男伊達千蔵鳴平を鮮やかに追い払う。

男伊達を追い払う

男伊達を追い払う

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

男伊達を追い払う

男伊達を追い払う

(※クリックすると画像が拡大します)

 

そして男伊達の手を振りほどきながらの立廻りとなり、秘めた恋心をそれとなく明かしていく。

スポンサード・リンク
男伊達を追い払うお菊

男伊達を追い払うお菊

(※クリックすると画像が拡大します)

 

男伊達を追い払うお菊

男伊達を追い払うお菊

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

やがてお菊は、助六の真似をして踊ってみせると、現れた廓(くるわ)の若い者たちまでも難なく尺八であしらってしまうのであった。

女伊達

女伊達

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

衣装メモ

●座っている方のお菊の衣装は、白地に青いリボンの模様が入った着物を着ています。

片袖は、真っ赤な着物に変わっています。

スポンサード・リンク

 

●一方、立っている方のお菊は、青地に桜の模様が入った着物を着ています。

こちらも 片袖が真っ赤な着物に変わっています。

スポンサード・リンク

そして、二人ともオレンジ色の帯を締めています。

女伊達のお菊

女伊達のお菊

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人とも、頭には花を付けて、右手に尺八を持っています。

そして、紫色の足袋を履いています。

スポンサード・リンク

 

●2枚目のお菊の衣装は、白地に薄紫色の波と渦潮がデザインされた着物です。片袖は赤い着物に早変わりしています。

こちらのお菊は、座って見得を切っています。

スポンサード・リンク
女伊達のお菊

女伊達のお菊

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●実際の舞台では、満開の桜を背景にたくさんの傘が登場します。

スポンサード・リンク
実際の舞台の女伊達

実際の舞台の女伊達

 

●そして新たに描いたイラストの背景色は、全体が黄緑色です。

そして、二人のお菊の真後ろには満開の桜が咲いています。

スポンサード・リンク

 

さらに、大きな傘の姿も見えています。右にオレンジ色、左側に水色の大きな傘です。

 

この演目は、蛇の目傘がたくさん登場するんです。その、たくさんの蛇の目傘を、大きな傘で表現しました。

スポンサード・リンク

 

傘の上には、たくさんの水色の雫が落ちています。

 

 

キラキラマークは、全て同じ大きさで統一しました。

スポンサード・リンク

 

 

二人がいる舞台下は、黄色いゼブラ柄を描きました。

女伊達

女伊達

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

今回の絵は、割と描きやすかったです。

 

悩んだのは、傘の向きだけですね。

スポンサード・リンク

最初、オレンジ色の傘だけを描く予定だったんですが、バランスを考えて水色の傘も描き足しました。

 

主役の女伊達を二人にし、蛇の目傘をパラソルで新たに表現して描きました。

スポンサード・リンク

 

今回は、歌舞伎舞踊・女伊達を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

スポンサード・リンク

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    スポンサード・リンク
    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ