伝説の花魁 創作歌舞伎絵 夢の中 恋愛 花魁 遊女

夕霧名残の正月

  1. HOME >
  2. 伝説の花魁 >

夕霧名残の正月

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・夕霧名残の正月ゆうぎり なごりのしょうがつです。

スポンサード・リンク

 

今日の絵は、夕霧ゆうぎりという高貴な花魁と、伊左衛門いざえもんの恋物語です。

 

伊左衛門が、亡くなった夕霧と再会を喜ぶ内容になっています。

スポンサード・リンク

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎狂言
夕霧名残の正月
(ゆうぎり なごりのしょうがつ)

スポンサード・リンク
夕霧と伊左衛門

夕霧と伊左衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

●作:近松門左衛門(1代)
●初演:延宝6年2月、大坂・荒木与次兵衛座

延宝6年1月(1678年)に亡くなった夕霧太夫の追善劇として同2月に荒木与次兵衛座で初演され、初代坂田藤十郎が藤屋伊左衛門を演じた。

スポンサード・リンク

当時の台本は現存せず、現在行われているものは今井豊茂脚本の2005年12月に、四代目・坂田藤十郎が南座での襲名披露興行で初演したものである。最近では、2021年1月に歌舞伎座で四代目・中村鴈治郎藤屋伊左衛門を、三代目・中村扇雀夕霧を演じている。

 

◇◇◇

スポンサード・リンク

夕霧ゆうぎりは、伝説の花魁といわれる高貴な遊女である。

 

最初は、京都の花街にいたが、大阪新地にある置屋の扇屋に移る。

スポンサード・リンク
夕霧

夕霧

(※クリックすると画像が拡大します)

 

大阪でも屈指の豪商の息子の藤屋伊左衛門ふじやいざえもんは、夕霧と恋に落ち、金を湯水のごとく使い、廓(くるわ)に通い詰め親に勘当される。

スポンサード・リンク
伊左衛門

伊左衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

 

とうとう伊左衛門は、お金がなくなり、みすぼらしい身となり、夕霧にも会えなくなる。

スポンサード・リンク

 

すると伊左衛門は、夕霧にもらった恋文を紙衣(かみこ)にして、それを着て廓のあたりをウロウロしていた。

 

だが、その間に夕霧は病気になって死んでしまう。

スポンサード・リンク
夕霧は病死してしまう

夕霧は病死してしまう

(※クリックすると画像が拡大します)

 

夕霧が亡くなって四十九日。

スポンサード・リンク

 

扇屋の主人・三郎兵衛と、女将のおふさは、夕霧の早すぎる死を悲しみ、広間に形見の打掛を飾り、「なななぬか(七×七日)」の法要の支度をしていた。

 

紙衣を着て、何とか夕霧に会いたいと思っていた伊左衛門は、通りかかった太鼓持ちの鶴七亀八の二人から、夕霧が亡くなり今日は四十九日だと聞かされる。

スポンサード・リンク
伊左衛門は夕霧の死を初めて知る

伊左衛門は夕霧の死を初めて知る

(※クリックすると画像が拡大します)

 

扇屋の主人夫婦は、ショックを受けた伊左衛門を、お座敷にあげて休ませる。

スポンサード・リンク

 

 

伊左衛門は、夕霧の死に目にも会えなかったことを悲しみ、せめて供養にと夕霧と交わした起請文を取り出して念仏を唱えた。

 

伊左衛門は、突然気を失ってしまう。

スポンサード・リンク

 

 

すると、打掛の陰から夕霧が姿を現し、

「わしゃ、わずろうてのう」

スポンサード・リンク

と話す。

伊左衛門の前に現れた夕霧

伊左衛門の前に現れた夕霧

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

二人は再会を喜び、長唄で楽しく踊ったり、昔を偲ぶが、やがて夕霧の姿は再び消えうせてしまう。

夕霧の姿は消えてゆく

夕霧の姿は消えてゆく

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

主人おふさが呼びかける声で、伊左衛門が気を取り戻し、夕霧と思ったのは形見の打掛だったと気付く。

 

しかし、伊左衛門は、たとえ夢の中でも夕霧と会えたことを何よりも喜んだ。

スポンサード・リンク
夕霧名残の正月

夕霧名残の正月

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

夕霧は、ピンク色の打掛を身にまとっています。ピンク色の打掛には、金色の菱形模様がところどころにデザインされています。そして、青色の帯を締めています。

スポンサード・リンク

頭には、鼈甲櫛(べっこうくし)や紫色の病鉢巻き(やまいはちまき)を結んでいます。

 

手には、自身の紫色の打掛を伊左衛門と共に持っています。黄色とオレンジ色の草花が描かれています。

スポンサード・リンク
夕霧

夕霧

(※クリックすると画像が拡大します)

 

伊左衛門は上が水色、下は薄い黄色にデザインされた着物を着ています。

スポンサード・リンク

ところどころに草花が描かれています。

伊左衛門は、夕霧に会えてとても嬉しい表情をしています。

スポンサード・リンク
伊左衛門

伊左衛門

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

●背景は、夢の中をイメージした構図になっています。

スポンサード・リンク

ピンクの空に、黄色い雲が流れています。

 

そして、大きながあります。

スポンサード・リンク

さらに、花魁が後ろ姿のまま手を振っています。

 

これは、伊左衛門と再会を果たした夕霧が、伊左衛門に看取られながら、安心して天国に昇るところを表現しました。

スポンサード・リンク

 

夕霧が、振り向かずに手を振って、を渡っていくところです。

 

夕霧名残の正月

夕霧名残の正月

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

夕霧伊左衛門が再開をして喜び合う場面と、夕霧が天国へ旅立つ場面を表現して描きました。

 

今回は、歌舞伎狂言・夕霧名残の正月を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    関の小万

    2022/6/28

    関の小万

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    珠取海女

    2022/6/27

    珠取海女

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    楊貴妃

    2022/6/22

    楊貴妃

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ