1. HOME >
  2. お祝い >

四君子

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・四君子しくんしです。

四君子しくんしとは、蘭、竹、梅、菊の花の呼び名です。

 

今日の絵は、花の美しさを表現した舞踊です。

登場するのは、女性一人です。
特に、役名はありません。

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

歌舞伎舞踊
四君子
(しくんし)

太鼓橋の上で踊る女性

太鼓橋の上で踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

あらすじ

スポンサード・リンク

清元。

中国絵画を題材にした、ご祝儀舞踊である。

四君子

四君子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

明治の中期に三代清元斉兵衛が花がたみを作ったのに対抗して、二代清元梅吉が槍田徳之助から得た歌詞に作曲したもの。

踊る女性

踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

四君子しくんしとは、中国や日本の絵画で、蘭、竹、梅、菊の四つを指す呼称である。

踊る女性

踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

これらの花や形の美しさが、高潔な君子に似ていることからそのように呼ばれる。

蘭の花の前で踊る女性

蘭の花の前で踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

この舞踊は、これらの名花をたたえて、品良く浄瑠璃としたものに振りを付けたものである。

四君子

四君子

(※クリックすると画像が拡大します)

衣装メモ

女性の衣装は、黄緑色の狩衣姿です。

狩衣には、家紋がデザインされています。

 

中は、青と白デザインされた振袖を着ています。振袖には、赤い花が描かれています。

 

頭には、金色の烏帽子を被り、踊っているところです。

踊る女性

踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

舞台では、背中に金色の御幣(ごへい)を1本背負っているんですが、今回はその御幣を3本にして描きました。

女性は、太鼓橋の上で踊っています。

背中には3本の御幣

背中には3本の御幣

(※クリックすると画像が拡大します)

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

●今日の背景色は、ピンクです。背景は、四君子のタイトルから、白い胡蝶蘭を描きました。

そして、大きな三日月も見えています。

 

さらに、水色の水玉は、星をイメージして描きました。

 

月夜に浮かぶ、胡蝶蘭を、女性らしく表現しました。

四君子

四君子

(※クリックすると画像が拡大します)

 

今回は、胡蝶蘭の下描きに時間が掛かりました。

あとは、金色の御幣の色塗りも少し掛かりましたね。

 

太鼓橋は色を塗る直前になって描き足しました(笑)

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・四君子を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ