歌舞伎絵

卅三間堂棟由来

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

卅三間堂棟由来

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・『卅三間堂棟由来』(さんじゅうさんげんどう むなぎのゆらい)です。

 

 

今日の絵は、柳の精である、お柳おりゅう)という女性が、木を倒された事で、夫と息子と離れ離れになってしまうお話です。

 

 

 

熊野街道を巨大な丸太に座り、息子の緑丸を抱きしめるお柳を描きました。

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

演目名

 

歌舞伎狂言
卅三間堂棟由来
さんじゅうさんげんどう むなぎのゆらい)

 

卅三間堂棟由来

お柳と緑丸

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

熊野山中、那智の滝にほど近いところに大きな柳の木がたっていた。

 

 

横曽根平太郎(よこそねへいたろう)と契り、一子緑丸(みどりまる)をもうけた妻お柳(おりゅう)。

 

 

実はお柳は、柳の古木の精であったが、白河法皇の病気の原因を除くため、その柳を切って三十三間堂の棟木にする事になる。

 

 

お柳はそれを知り愕然とする。

 

 

卅三間堂棟由来

お柳

 

 

お柳はこの世のものではなく、あの柳の木の精。

 

 

切り倒されてしまったら、死なねばならないのだ。残り少ない命と悟ったお柳は、それとなく平太郎に別れを告げる。

 

 

 

柳の木が切られる音が「コーン」と聞こえるたびにお柳は身もだえして苦しみ、驚き嘆く家族に、

 

 

 

「私はあの柳の木の精、

木が切られてはもう

生きていられませんが、

緑丸ももう乳がなくても

育つ年になりました」

 

 

とその姿を消す。

 

 

卅三間堂棟由来

緑丸

 

しかし緑丸の必死で母を探す声に、再び姿を現して平太郎に、

 

 

ここに法王の前世の

髑髏(どくろ)があります。

これを差し出して横曽根家を

再興してください。

 

と言って消えていく。

 

 

 

 

緑丸をせめて最後に一目母に会わせたいと、平太郎緑丸を連れて都へと運ばれて行った柳の木の後を追う。

 

 

卅三間堂棟由来

緑丸と再会を果たすお柳

 

柳の木は、熊野街道を木遣音頭と共に引かれていくが、突然どんなに引いても動かなくなる。

 

 

そこへ駆けつけた平太郎が、

 

この柳は私の妻、この子の母親です。

どうぞこの子に引かせてみてください

 

と頼む。

 

 

卅三間堂棟由来

お柳

 

緑丸がたったひとりで引いてみると、あれほどびくともしなかった柳の木が動き出す。

 

 

緑丸は「かか様」と木に取りすがって泣くのだった。

 

卅三間堂棟由来

卅三間堂棟由来

 

 

 

衣装メモ

 

主役である、お柳の衣装は、水色の着物姿です。

 

 

柳の精なので、着物に柳の絵がデザインされています。

 

 

そして息子の緑丸を抱き、再開を喜んでいます。

 

卅三間堂棟由来

お柳と緑丸

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

お柳が立っているところは、山道ではなく、大きな丸太の上に立っています。

 

 

そして今回の背景は、夕焼けの熊野街道です。

 

 

山道には、赤い花や松の木、遠くには山も見えています。

 

 

くまのみち」という立て札も見えています。

 

 

 

そして、青いアゲハ蝶の家族が仲良く飛んでいます。

 

 

これは、平太郎お柳緑丸の三人が、仲良く暮らしているところをイメージして描きました。

 

 

そして、この家族三人を青いアゲハ蝶に見立てて、いつまでも幸せに暮らしているという意味を込めて描きました。

 

 

 

今回は、全体的に悲しい内容なんです。

 

ですので、ハッピーエンドにしたいな、という私個人の思いを、そのまま表現して描きました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ