歌舞伎絵

再桜遇清水

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

再桜遇清水

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・『再桜遇清水さいかいざくら みそめのきよみずです。

 

 

 

今日の絵は、桜姫さくらひめというお姫様が主役です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
再桜遇清水
(さいかいざくら みそめのきよみず)

桜姫と清玄(せいげん)

桜姫と清玄(せいげん)

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

この日、鎌倉の新清水寺では、源頼朝の厄除のために、薄縁の御剣が奉納される。

 

 

奉納の役目を務めるのは、北条時政の娘・桜姫さくらひめと深い仲にある千葉之助清玄きよはる

 

桜姫

桜姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

桜姫に思いを寄せる荏柄平太胤長えがらのへいだ たねながは、桜姫が清玄きよはるに宛てた恋文を拾い怒りに燃え、庵室にいた清玄きよはると桜姫を引っ立てる。

 

桜姫

桜姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

しかし、桜姫の腰元山路が、不義の相手は寺僧・清玄せいげんであると強弁し、清玄せいげんは驚きながらも人助けのうちだと、破戒僧の汚名を着せられ寺を去る。

 

清玄(せいげん)

清玄(せいげん)

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

死を覚悟した桜姫は、新清水の舞台から身を投げるが、清玄せいげんがそれを助ける。

 

 

 

桜姫を介抱するうちに、清玄せいげんはただならぬ感情を抱き桜姫に迫る。

 

 

桜姫に迫る清玄

桜姫に迫る清玄

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そこへ現れた清玄きよはる桜姫を救い出し、清玄せいげんは桜姫の片袖を手にさまよう。

 

 

 

 

その後、清玄きよはる)と桜姫は山路の父雀屋惣兵衛の家で匿われるが、荏柄の追手が迫り、皆散り散りとなってしまう。

 

 

 

そんななか、桜姫の入った葛籠(つづらね)が偶然にも清玄せいげんの庵室に預けられてしまう。

 

 

桜姫

桜姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

その庵こそ、破戒僧・清玄せいげんが密かに結んだ荒れ果てた庵室。

 

 

 

桜姫を奪おうとする清玄

桜姫を奪おうとする清玄

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

もとの小姓たちに衆道や殺生を強い、自らも酒を飲み女を殺し金を奪うなど破戒を尽くしていた清玄せいげんは、

 

 

現れた桜姫に我を失って力づくで我がものとしようとするが、後を追ってきた清玄きよはるによって斬り伏せられる。

 

 

 

しかし、桜姫を想うその妄念は蛇となって、いつまでも生き続けるのであった・・・。

 

 

再桜遇清水

再桜遇清水

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である桜姫の衣装は、ピンク色の振袖です。

 

赤い花や金色の雲が描かれています。

 

帯は緑色に、オレンジ色と水色の花が描かれています。

 

 

そして頭には、ピンク色の髪飾りが輝いています。

 

桜姫

桜姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

そして、桜姫の後ろにいるのは、清玄せいげんという破戒僧となったお坊さんです。

 

 

清玄せいげんの衣装は、紫色の僧の姿です。

金色の袈裟けさを肩から下げています。

 

 

 

清玄せいげんは、桜姫に片思いをしてしまい、寺を追い出されしまいます。

 

 

清玄

清玄

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

清玄せいげんは、自分の感情を抑える事が出来なくなり、の帯を引っ張っています。

 

 

その情念が蛇となって、足の周りや体全体に、蛇の胴体が巻き付いています。

 

桜姫と清玄

桜姫と清玄

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

清玄せいげんの身体の周りには、真っ赤な炎がメラメラと燃えたぎっています。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

背景は、お寺の中をイメージして描きました。

 

 

お寺の中は、オレンジ色に亀甲模様となっています。

 

 

 

そして、清玄せいげんの情念を化け猫で表現しました(笑)

 

 

化け猫は、青い炎をメラメラと出しています。

 

 

桜姫は、帯を引っ張られて怖がっています。

 

 

再桜遇清水

再桜遇清水

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

桜姫への想いを抑えきれなくなった清玄せいげんの情念を、おどろおどろしく表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎狂言・『再桜遇清水』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    元禄花見踊

    2022/3/28

    元禄花見踊

    ご訪問ありがとうございます✨   絵師ひでまさです😊     スポンサード・リンク 本日もご# ...

    続きを読む

    京人形

    2022/3/21

    京人形

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    幻お七

    2022/3/18

    幻お七

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    其面影二人椀久

    2022/3/16

    其面影二人椀久

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ