1. HOME >
  2. ジェット機 >

六玉川

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

スポンサード・リンク

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

スポンサード・リンク

 

 

そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・六玉川むたまがわです。

スポンサード・リンク

 

 

今日の絵は、全国6つの玉川を歌った舞踊です。

 

絵に登場している男女は、演目の最後に登場する、布(ぬの)さらしの場面を踊っています。

スポンサード・リンク

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
六玉川
(むたまがわ)

スポンサード・リンク
晒を手にして踊る男女

晒を手にして踊る男女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

あらすじ

●作詞:清元の六玉川からとったもの。作詞者は不詳。

●作曲:三世鳥羽屋里長

●移曲:初世中能島松声

●本名題:草枕露の玉歌和くさまくら つゆのたまがわ

 

 

六玉川

六玉川

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

曲名の由来は、古歌に詠まれた六つの玉川、すなわち、

井手(いで)(京都)、

高野(こうや)(和歌山)、

野路(のじ)(萩(はぎ)の玉川とも。草津)、

三島(大阪府高槻(たかつき)市。

野田(千鳥の玉川とも。宮城)、

調布(たつくり)(東京)

 

 

を歌い込んだことによる。

スポンサード・リンク

 

晒し舞の女性

晒し舞の女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

まず、四人が草花を持って登場。

スポンサード・リンク

 

色には井出の山吹に・・・

左大臣、橘諸兄が植えて山吹の名所になったのが、山城の国(京都)井出の玉川

スポンサード・リンク

 

晒し舞の男性

晒し舞の男性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

さらに、あらたな二人が旅する紀州の玉川。高野山の奥である。弘法大師が名水を汲んだところ。

スポンサード・リンク

 

踊る男女

踊る男女

(※クリックすると画像が拡大します)

 

近江の国、野路の玉川は萩の名所。
白露、月光、鈴虫など秋の気配に女性の心情緒を描く。

スポンサード・リンク

 

 

 

津の国(大阪)は三島の玉川

水辺の仕事、砧(きぬた)を歌い、女性の悋気(りんき)を語る。

スポンサード・リンク

 

六つの玉川を唄う

六つの玉川を唄う

(※クリックすると画像が拡大します)

 

野田の玉川(宮城)は千鳥の玉川。

スポンサード・リンク

調布は多摩川での布さらし。

 

布さらしの二人

布さらしの二人

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

舞踊を伴い、三味線が活躍する作品で、後半の「晒(さらし)の合方(あいかた)」は『越後獅子(えちごじし)』に似た旋律も現れ、変化に富んだテンポとリズムで構成されている。

 

六玉川

六玉川

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

衣装メモ

 

男性は青紫色の着物です。青紫色の着物には、金銀の草花が描かれています。

 

上半身は早変わりから、赤い着物に変わっています。銀色の葉っぱがデザインされ手います。

スポンサード・リンク

 

そして肩からは、黄色い襷(たすき)を縛っています。

 

踊る男性

踊る男性

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

 

●一方、女性の衣装は、薄紫色の着物を身にまとっています。黄色・ピンクの花が描かれています。

 

こちらも、上半身は早変わりから赤い着物に変わっています。赤い着物には、銀色の紅葉がデザインされています。

スポンサード・リンク

 

 

踊る女性

踊る女性

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

二人とも上半身が、衣装の早変わりで、中の赤い着物に変わっています。

スポンサード・リンク

二人が手にしているのは、さらしです。

 

今回の表現ポイント

 

●背景は、玉川です。

スポンサード・リンク

下に格子があり、川の向こう側には山が見えています。

 

 

そして、山の向こう側から、ジェット機がこちら側へ向かってきています。

スポンサード・リンク

ちょうど、二人の上を通過するところです。

 

 

この演目が、全国6つの玉川を旅する内容なので、ジェット機で表現しました。

スポンサード・リンク

 

 

さらに、ジェット機の音でカラスが驚いて飛んでいます。

 

六玉川

六玉川

(※クリックすると画像が拡大します)

スポンサード・リンク

 

 

日本全国の玉川を旅するという内容から発想を飛ばし、ジェット機で表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・六玉川を紹介しました😊

スポンサード・リンク

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

スポンサード・リンク

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    傾城 吉原絵巻

    2022/5/25

    傾城 吉原絵巻

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    梅花鷺娘

    2022/4/3

    梅花鷺娘

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    元禄花見踊

    2022/3/28

    元禄花見踊

    ご訪問ありがとうございます✨   絵師ひでまさです😊     スポンサード・リンク 本日もご# ...

    続きを読む

    京人形

    2022/3/21

    京人形

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    幻お七

    2022/3/18

    幻お七

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ