歌舞伎絵

児雷也豪傑譚話

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

児雷也豪傑譚話

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・『児雷也豪傑譚話』(じらいや ごうけつものがたり)です。

 

 

 

今日の絵は、綱手姫(つなてひめ)というお姫様が、ナメクジの妖術を使って敵と戦うという内容です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
児雷也豪傑譚話
(じらいや ごうけつものがたり)

児雷也豪傑譚

綱手姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

幕府の執権職に任じられた月影郡領は、武勇に優れた若者・大蛇丸(おろちまる)を養子に迎える。

 

 

しかし、実はこの大蛇丸こそ、この世を魔界にかえようと企む蛇の化身だった。

 

 

 

その妖術に操られた郡領は、盟友である大名・尾形左衛門松浦将監を滅ぼし、尾形の嫡子・雷丸と松浦の息女・綱手姫(つなてひめ)を谷底へ突き落とす。

 

谷底へ落とされるが助けられる

谷底へ落とされるが助けられる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

しかし二人は、仙人の仙素道人によって命を救われ、やがて成人した後、雷丸は児雷也(じらいや)という名と蝦蟇(ガマ)の妖術、綱手は蛞蝓(ナメクジ)の妖術をそれぞれ授けられる。

 

 

 

綱手はナメクジの妖術を授かる

綱手はナメクジの妖術を授かる

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

そして大蛇丸の野望を打ち砕くため、その鍵となる名剣・浪切丸を求めて旅立つ。

 

 

一方、成人した大蛇丸も今では月影家の主となり、絶大な権力を振るっていた。

 

 

 

義賊となった児雷也は、一度は大蛇丸の妖術に破れるが、生き別れになっていた姉・あやめの犠牲によって力を取り戻し、浪切の剣を手に入れるため硫黄の噴出す地獄谷へと突き進む。

 

 

大蛇丸と戦う綱手姫

大蛇丸と戦う綱手姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

後を追った大蛇丸との立ち回りの末、浪切の剣の霊力によって大蛇の本性は浄化され、緒方・松浦の家名再興も許されて、三人は国づくりに力を合わせることを誓い合う。

 

 

児雷也豪傑譚

児雷也豪傑譚

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

綱手姫の衣装は、薄黄色にオレンジ色の亀甲模様が施された打掛です。

 

 

亀甲模様の中には、一つ一つ金色の雲が描かれています。

 

 

そして、この打掛の上に、オレンジ色の袖無しを着ています。刀も下げていますね。

 

 

 

 

さらに片袖は、薄ピンク色の打掛に早変わりしています。

 

 

 

綱手姫は、長い黒髪を下げ、後ろに銀色の櫛をさしています。

 

そして、ピンク色の紫陽花とピンク色のリボンを付けています。これは私のアレンジです。

 

 

 

綱手姫

綱手姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

は、妖術を授かり、敵との戦いで見得を切っているところです。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

絵の場面は、綱手姫がナメクジの妖術を使って、敵と戦うという内容です。

 

 

今回、ナメクジを別の表現にしようと思いまして、ナメクジから発想を飛ばし、紫陽花(アジサイ)の花、そして紫陽花と言えばカタツムリです(笑)

 

 

という事で背景には、綱手姫が操るナメクジの妖術を、紫陽花カタツムリで表現してみました。

 

 

紫陽花は青、紫、水色、ピンクの色の種類の花が咲き乱れている様子を表現しました。

 

 

 

今回、この紫陽花を描き上げるのに、一番時間が掛かりました(笑)

 

特に時間が掛かった部分は、青紫色と紫色の花ですね。紫色から青紫色に変化して、自然に色付いているかのように見せるのは、多少手間が掛かります(笑)

 

 

 

 

続いてカタツムリは、夜の月を眺めています。

 

 

そして、戦いの場面なので、背景色は赤色です。

 

赤い背景の中には、星も見えています。

 

 

 

児雷也豪傑譚

児雷也豪傑譚

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

戦いの場面ですが、今回の絵はどちらかというと、戦いの激しさより、キレイさを追求した作品になっています。

 

 

 

今回は、歌舞伎狂言・『児雷也豪傑譚』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ