歌舞伎絵

おちくぼ物語

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

おちくぼ物語

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎狂言・『おちくぼ物語』です。

 

 

 

今日の絵は、おちくぼの姫というお姫様が主役です。

 

 

 

意地悪な継母たちにいじめられながら、貴公子との恋を成就させる、日本版「シンデレラ」物語です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎狂言
おちくぼ物語
(おちくぼものがたり)

おちくぼの姫と少将道頼

おちくぼの姫と少将道頼

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

原作は源氏物語より古く平安時代に書かれた「落窪物語」(作者不肖)。

 

 

 

美しい容貌を持つ主人公の落窪の女君が、その名の通り寝殿の隅にある、畳の落ち窪んだ陋屋(ろうおく)に住まわされ、継母からのいじめにあうという、シンデレラとも似通った構図を持つ。

 

おちくぼの姫

おちくぼの姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

平安時代に成立した落窪物語を題材に、戦後、歌舞伎化された作品。意地悪な継母たちにいじめられながら、貴公子との恋を成就させる日本版「シンデレラ」物語であり。

 

 

日本版シンデレラ

日本版シンデレラ

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

題名の「落窪」は、主人公の薄倖な女君が置かれた居室の名前に由来する。

 

 

 

おちくぼの姫と少将道頼

おちくぼの姫と少将道頼

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

◇◇◇

主人公は中納言・源忠頼の娘(落窪の姫)である。

 

おちくぼの姫

おちくぼの姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

母と死別した落窪の姫おちくぼのひめは、継母のもとで暮らすことになった。

 

継母と暮らすことになった、おちくぼの姫

継母と暮らすことになった、おちくぼの姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

しかし、継母からは冷遇を受けて落窪の間に住まわされ不幸な境遇にあり、味方は女房のあこきと末弟の三郎君だけであった。

 

 

 

そこに現われた貴公子、右近の少将道頼しょうしょう みちよりに見出され、姫君に懸想した道頼は彼女のもとに通うようになった。

 

 

少将道頼

少将道頼

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

しかしそれを知った継母に納戸に幽閉され、さらには貧しい典薬の助の元へ嫁がされそうになる。

 

 

 

そこを道頼とあこき達に救出され、二人は結ばれる。

 

結ばれた、おちくぼの姫と少将道頼

結ばれた、おちくぼの姫と少将道頼

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

道頼は、姫君をいじめた継母に復讐を果たし、中納言一家は道頼の庇護を得て、幸福な生活を送るようになった。

 

 

おちくぼ物語

おちくぼ物語

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役のおちくぼの姫が、日本版シンデレラということで、今日のお姫様は、シンデレラの世界と歌舞伎の世界を合体させた姿にしました(笑)

 

 

そして、現代風の顔とヘアスタイルになっています。

 

 

 

おちくぼの姫の衣装は、ピンク色の十二単姿です。

 

 

水色とオレンジ色の花、紫・黄色・オレンジの家紋がデザインされています。

 

 

頭には、ピンク色のお花を載せています。そして、銀色の髪飾りも輝いています。

 

 

 

おちくぼの姫

おちくぼの姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

は、最愛の夫である、道頼と出会い、ようやく幸せになれます。

 

 

 

 

 

一方後ろにいるのは、少将道頼しょうしょう みちよりで、おちくぼの姫の旦那さんになる人です。

 

 

 

道頼

道頼

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

道頼の衣装は、青を基調にした束帯姿です。

 

 

 

中に着ている、白い衣装も見えています。こちらは、格子模様になっています。

 

 

 

そして下は、紫色の袴となっています。

 

 

右手には、水色の扇子を手にしています。

 

 

 

少将道頼とおちくぼの姫

少将道頼とおちくぼの姫

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

道頼と出会ったは、道頼と結ばれ、永遠に幸せに暮らします。

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

そして背景は、緑色の丘があり、向こう側には海が見えています。

 

 

そして、いろんな色の薔薇が咲いています。赤・オレンジ・ピンク・紫の薔薇です。

 

 

 

黄色い空に飛んでいるのは、ネックレスです。

 

 

 

さらに、上にあるピンク色の傘は、「相合い傘」です。

 

 

 

おちくぼの姫少将道頼の愛情を、この相合い傘で表現しました。

 

 

相合い傘は、ピンク色と黄色で模様を描きました。

 

一番上は、ハートになっています。

 

おちくぼ物語

おちくぼ物語

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

相合い傘の前で、幸せな毎日を過ごす、おちくぼの姫道頼を現代風のイメージで表現しました。

 

 

 

 

今回は、歌舞伎狂言・『おちくぼ物語』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    積恋雪関扉

    2022/12/3

    積恋雪関扉

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    栴檀女道行

    2022/11/28

    栴檀女道行

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    水売り

    2022/10/15

    水売り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    まかしょ

    2022/10/8

    まかしょ

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    二人静

    2022/10/8

    二人静

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む



    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ