歌舞伎絵

正札付根元草摺

  1. HOME >
  2. 歌舞伎絵 >

正札付根元草摺

ご訪問ありがとうございます✨

絵師ひでまさです😊

 

 

本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨

 

 

 

このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。

 

 

そして、私が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・『正札付根元草摺しょうふだつき こんげんくさずりです。

 

 

 

今日の絵は、曽我五郎そがごろう舞鶴まいづるという女性の物語です。

 

 

 

美人で力がとても強い舞鶴と、曽我五郎が鎧を引き合う場面です。

 

 

 

最後まで読んでいただけたら、嬉しいです😊

 

演目名

 

歌舞伎舞踊
正札付根元草摺
(しょうふだつき こんげんくさずり)

曽我五郎と舞鶴

曽我五郎と舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

あらすじ

スポンサード・リンク

 

長唄。

文化11年江戸森田座初演。

 

 

作詞不詳、作曲・四世杵屋六三郎、藤間大助振付。

 

七世・市川團十郎、初世・市川男女蔵が初演。

 

 

 

通称、『草摺引くさずりびきと言われている。

 

 

 

 

バックに富士山。梅のあしらいなどで初春のお目出度い演目として、定版ともなっている。

 

 

正札付根元草摺

正札付根元草摺

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

剛毅な立役、優美な女方の対照がみどころとされる。

 

 

 

 

◇◇◇

曽我五郎そがごろうは父の敵・工藤祐経と対面するため、鎧(よろい)を小脇に駆け出そうとする。

 

曽我五郎

曽我五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

これを止めたのは、小林朝比奈の妹・舞鶴まいづる

 

 

舞鶴

舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

舞鶴が鎧の草摺(防具)を引いて止め、「放せ」「止めた」と力を競う。

 

 

五郎が勇み立つと、舞鶴はしおらしい仕草で止め、二人は連れ舞いするが、再び引き合いになる。

 

 

引き合いになる二人

引き合いになる二人

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

女ながら大力無双の舞鶴は、五郎の持つ鎧の草摺を持って引き止め、その行く手を阻むのであった。

 

 

五郎の行く手を阻む舞鶴

五郎の行く手を阻む舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

荒事芸あらごとげいの一つで、勇者が力比べする「引合事ひきあいごとを軽妙、華やかに見せる古典舞踊である。

 

 

正札付根元草摺

正札付根元草摺

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

◆◆◆

曽我兄弟の仇討ちは、幼い兄弟が18年という長い忍苦の末に、めでたく本懐を遂げたという点で昔から人気のある物語であった。

 

 

曽我五郎と舞鶴

曽我五郎と舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

江戸の歌舞伎では、1720年代以後ずっと江戸時代まで正月に必ず各座で曽我兄弟の事蹟を扱った作品を上演するのが恒例となった。

 

 

従っておびただしい曽我劇が生まれた。そして、いつの間にか兄の十郎は二枚目のやさ男、弟の五郎は勇壮豪快な若々しい荒武者という性格が固定されていった。

 

 

曽我五郎

曽我五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

五郎という名が江戸の荒神(御霊※ごりょう)信仰と結びついたという説は、ほとんど定説となった。

 

 

 

草摺引』は、その五郎の示す勇壮な行動を一つの眼目なっている。

 

 

正札付根元草摺

正札付根元草摺

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

衣装メモ

 

主役である曽我五郎の衣装は、上が黒の着物から、赤と白の市松模様の着物へと早変わりしています。

 

 

下は、黒地にアゲハチョウの模様が付いています。ピンク・水色・黄色・オレンジで描かれた、鮮やかな蝶々です。

 

帯はピンク色です。

 

 

 

そして赤い隈取りをして、2本の刀を差しています。刀には、緑色の房が付いています。

 

 

曽我五郎

曽我五郎

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

 

一方、舞鶴の衣装は、片袖が五郎と同じく赤と白の市松模様、もう片方は紫色の着物です。

 

紫色の着物には、家紋が描かれています。

 

 

下は、黄色に緑色の菱形がデザインされています。

 

 

 

 

そして舞鶴の頭には、角のような感じのものが付いていますが、これは《力紙ちからがみといって、半端ないパワーを持った人を現しています。

 

 

 

舞鶴は、男勝りなので、この力紙を頭に付けています。

 

 

そして、大きな刀を脇に差しています。

 

舞鶴

舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

二人は、鎧を引き合いしています。しかし、舞鶴の力が強すぎるので、五郎も本気になって鎧を引っ張ります。

 

 

曽我五郎と舞鶴

曽我五郎と舞鶴

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

今回の表現ポイント

スポンサード・リンク

 

今日の背景は、下に川があります。

 

 

そして、大きな《レインボーブリッジ》を今回は付けました(笑)

 

 

その下に、都会のビル街も見えています。

 

 

さらに、レインボーブリッジの奥には、富士山も見えています。

 

 

正札付根元草摺

正札付根元草摺

(※クリックすると画像が拡大します)

 

 

 

五郎舞鶴が鎧を引き合う場面に、レインボーブリッジを背景に描き、全体的にバランスの取れる構図に表現しました。

 

 

 

今回は、歌舞伎舞踊・『正札付根元草摺』を紹介しました😊

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました😊✨

 

 

この作品にご興味のある方、又はご購入を希望される方は

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    ※送信後、確認メールが届きます。万が一、確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、今一度メールアドレスをご確認くださいますようお願いします。


    最近の記事

    近江のお兼

    2022/10/2

    近江のお兼

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    山帰り

    2022/9/24

    山帰り

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    堀川波の鼓

    2022/10/2

    堀川波の鼓

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク     本日もご覧 ...

    続きを読む

    蓬莱島

    2022/9/24

    蓬莱島

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊     本日もご覧いただき、ありがとうございます😊✨       このホームページでは、歌舞伎の女性を中心に描いたイラストと共に、歌舞伎の演目を紹介していきます。     そして、僕が描いた歌舞伎絵と共に、あらすじも交えて分かりやすく解説していきます😌     今回ご紹介するのは、歌舞伎舞踊・ ...

    続きを読む

    蚤取男

    2022/9/18

    蚤取男

    ご訪問ありがとうございます✨ 絵師ひでまさです😊 スポンサード・リンク   本日もご覧い&# ...

    続きを読む

    スポンサード・リンク


    © 2022 絵師・hidemasaのホームページ